--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.04.25 15:01|ボランティア活動
日曜。予定していたチャリティーバザーは悪天のため延期となりました・・・がーん。
来週こそ晴れますように。

でもその代わり、三宮の殺処分反対デモに参加できるのでは?今から走るか!

と一瞬思ったのですが、別件で先に予定を入れたのにダブルブッキングで行けないはずだった、
犬とパートナーシップを築くための講習会に参加してきました。
・・・いろいろ重なりますが、充実した日々です^^


『 Smile★Project 人と犬猫が共存する健康的な社会を作るために 』

さて、主催されているのは、岡山で活動されているボランティアの先輩方で、
ペットと良いパートナーシップを築くことで殺処分を減らそうとがんばっていらっしゃる
スマイルプロジェクトさん。
参加料はなんと無料です。

「パートナーシップが育つこと = 不幸な犬が減る」
この基本理念のもと、私たちは活動しています。
一切寄付金も援助金も集めていません。
ただ動物が好きなだけです。


ホームページに書かれたこの言葉が、私の胸に熱く突き刺さりました。

今回は2度目の講習会だそうで、30人を超える参加者に、
同伴の十数匹のわんちゃんも加わり、始まる前からとってもにぎやかでした。
熟練のドッグトレーナーさんを先生にお迎えして、
全6回にわたる実技がメインの本格的な講習コースがスタートしました。

* * *

実は犬を飼ったことのない私なのですが、この講習会に参加しようと思ったのにはワケがあります。
それは、シェルターにいるたくさんの保護犬たちのためです。

猫のためならなんだってできる!お猫さま、ばんざーい!!というくらい、
根っからの猫好きな私なのですが、
犬については、ど素人。
だから最初にシェルターを訪れたとき、犬とどう接してよいのかわからずオロオロしていました。

私は知りませんでした。
犬と猫って、月とすっぽんくらい違うのです。

たとえば猫だったら、人間からやたらと寄っていかないのが基本で、
猫から寄ってきたときだけ、かまってあげます。
むしろ寄ってきやすい雰囲気づくりから始めます。
しっぽをぶんぶん振るのはイライラしている証拠。
猫が嫌がっているサインも、今なにを求めているのかも、
しっぽの動かし方や、耳やヒゲの向きや、姿勢なんかを観察していれば、なんとなくわかります。

猫にとっての幸せは、自由に行動できること。
だから猫との関係は、その自由を確保してあげつつ、猫の空間に人間が我慢強く溶け込むことが基本です。
と、猫のことなら延々と書ける私なんですが・・・。

犬は違うんですよね~。

猫に接するように犬にも接していては、いつまでたっても関係が作れないと気づき、
犬のことを勉強しなければ、犬との正しいつきあい方はできないのだと感じていました。

では、犬ってどうなの??

* * *

ということで、第1回めの講習会に参加して、私にとっては非常に有意義な時間となりました。

最初から驚いてしまったのが、「ホールドスティール」(拘束静止法)という手法。
後ろからぎゅっと拘束して、しばらく静止させるんだそうです。

本来なら犬が警戒して防ごうとする「犬の後ろをとる」という行為をわざとして、
「ね、だいじょうぶでしょ?」と安心させてあげる。
それによって信頼関係を深めることができ、また、
動かないように静止させることで飼い主の「力」を示し、主従関係をわからせてあげることができるそうです。

ちなみにこれ、気難しい性格の猫にやったら大変です。
嫌われてしまって、信頼関係の回復に時間がかかりそうです^^;

人間が猫に合わせるのが、猫とのつきあい方。
犬を人間に「合わせさせる(ことができる)」のが、犬とのつきあい方。
強引に言ってしまえば、そういうかんじでしょうか。
犬って社会性あふれる生き物なんですね。

犬の場合も、いきなり無理やり「はがいじめ」にしては嫌われてしまうかもしれないので
、まずは根気よく信頼関係を築くことが必要だとは思いますが、
猫とはそもそもの根本気質が違うのだなあと、当たり前のことですが、勉強になりました。

当日は実技の時間を十分にとってくださっていて、わんちゃん連れの皆さんはそれぞれ実践。
「この段階で問題ある方、おられますかー?」と、
受講者とわんちゃんと歩調を合わせて一歩一歩進んでくださるので、
私も犬を連れて行けばよかったー!と後悔。
でも皆さんの実践を見ながらイメージトレーニングしたので、きっとだいじょうぶ!?です!

この他、「マズルコントロール」のやり方や、
食フンやケンカについての質疑応答の時間、
岡山市保健所の職員さんによる現状説明と啓発、などなど盛りだくさんな内容でした。

* * *

飼い主が愛情を持って動物に接し、人間とはちがう生き物なんだと理解して、
相手にとって「わかる表現」で伝えてあげる。
それがとても重要なことなんですが、その一番重要なことが、
なぜか一番忘れられてしまっている気がします。
人間同士でも同じことが言えるのですが、相手に伝わらない自己流の表現で伝えた気になって、
「伝わらない」とあきらめてしまう人が多いですよね。

人間でもそんななんだから、まして動物に対してはもっともっと伝える努力をしないと。
それで「犬が言うことをきかないから」「吠えるから」「噛むから」
と言って飼育放棄はありえません。

講習会で、主催の方がおっしゃっていた言葉が印象的でした。
「犬の幸せを、犬自身が決めることはできないのです。犬の幸せは、飼い主が決めるのです。」

犬が心地よく暮らせるか、不幸な生活を強いられるかは、飼い方次第ということ。
それだけ飼い主の責任は重大だということです。


私も自宅の猫たちのQOLについて、あらためて考えてみないといけないと思いました。
そして猫だけでなく、犬の気持ちもわかってあげられるように、引き続き勉強していきたいと思います。

第2回目が今から楽しみです。




↓第1回目の講習会はこんなかんじでした!スマイルプロジェクトさんのブログです。

Smile Project from 岡山 人とペットの笑顔のために
「1日目が無事に終了しました。 参加された皆様、どうもありがとうございました。」







スポンサーサイト

テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア

2012.04.11 16:02|動物との共存を考える
こんな記事を見つけました。
みなさんはどう感じますか?


**************************************
有害鳥獣処理施設:若狭町に完成 /福井
毎日新聞 4月5日(木)17時19分配信

 嶺南地域有害鳥獣処理施設の完成式が4日、若狭町海士坂(あまさか)の現地であった。
農作物の食害対策で捕獲したシカやイノシシなどを焼却処分する全国でも珍しい専用施設。
嶺南2市4町の連携事業で設置された。
総事業費は約6億1000万円。
うち造成・建設費約3億5700万円は核燃料税交付金で賄っ た。

 式には西川一誠知事や6市町の首長ら約100人が出席。
各市町を代表して敦賀市の河瀬一治市長が「農作物被害対策のみならず、
施設が農業振興や地域発展に役立つことを期待する」と式辞を述べ、
関係者らが火入れのセレモニーなどで完成を祝った。

 施設は灯油の焼却炉1基や冷凍保管庫などを備え、
一日約1トンを処理。年間250日の稼働を想定している。
若狭町が施設の整備を担当し、6市町が共同運営する。

 嶺南ではシカが10年度に約7000頭捕獲されている。
今後、シカだけを扱う食肉加工施設も併設する。【松野和生】

元記事 
http://mainichi.jp/area/fukui/news/20120405ddlk18040664000c.html

**************************************



一瞬ぞっとして無気力に襲われました。

「火入れのセレモニーなどで完成を祝った」
という文章に、まるで太古の黒魔術のような、
動物を取りかこみ焼却を楽しむ人間の姿を想像してしまったのです。

動物を焼くって、そんなに簡単にやっていいこと?ふつうのことじゃないよ、と思う。
6億円もかけて、動物を焼くためだけの施設をつくってしまったのだなあ、人間は。

最初は、そんなふうに感じました。

でも、この記事をきっかけに若狭町の鳥獣被害への取組みを調べてみたところ、
どうやら町では長年イノシシなどの被害と戦ってきたようで、
理想やきれいごとで動物愛護を叫ぶのは、ちょっと待って、と
考えさせられるものがあります。

「祝う」という表現はともかく、鳥獣被害は現地の農家の皆さんにとっては、
のっぴきならない問題であるということを考えると、相当複雑な思いになります。


以下は、過去の 「若狭町鳥獣被害防止計画」 PDFより抜粋です。


----------------------------------------------
【対象鳥獣の種類、被害防止計画の期間及び対象地域】

対象鳥獣: ニホンジカ、イノシシ、ニホンザル、アライグマ、アナグマ、
ハクビシン、カラス、カワウ、アオサギ

計画期間: 平成 20 年度 ~ 平成 22 年度
対象地域: 福井県若狭町

--- 中略 ---

【今後の取組方針】


防護柵や追い払いなどによる防除と捕獲を維持する。
また間伐を促進して森林整備を適正に進め、下層植生の生育を促すことで
野生鳥獣の食料を増やし、あわせて、広葉樹の植樹を行うことで
野性動物の棲息地を少しでも復元し、再び生き物たちを山へ返すことで被害の軽減を図る。
以上のことを総合的に実施し、計画的で積極的な被害防止対策に努めていく。
また、サル被害に対する防除については花火による追い上げしかなく、
今後サル鉄砲を利用した地域ぐるみの防除方法の確立を目指す。

--- 中略 ---

【捕獲等をした対象鳥獣の処理に関する事項】

ニホンジカおよびイノシシについては、捕獲頭数が多いことから
その埋設処理をする土地の確保が難しくなっており、
今後、焼却施設、また焼却施設とあわせて
肉の利活用を目指した食肉加工施設の検討を行う。
捕獲が増加している中獣類に関しては、極力焼却処分を行う。

----------------------------------------------



このように、ちゃんと計画をたてて鳥獣被害対策に取り組んできたのです。

少し状況は違うのですが、宮島のシカを思い出しました。
宮島のシカの事を知ったときは、人間はひどい、野生に返す努力をすべき、と思いました。
人間は好き勝手に土地を改造したり、都合のいいように利用するだけ利用して、
それで起こった問題に対しては首をかしげるだけで、根本を見ることが苦手です。
対処療法のみでは病気は根元から治すことはできないのに。

でも今回の若狭町では、すでにそんな努力はやってきているのに、
どうしてもうまくいかなさそうでした。


野生動物が里におりてくる理由は、人間が長い歴史をとおして森林を破壊し、
動物の食糧が山になくなったことは容易に想像できると思いますが、
問題はそれだけではないと思います。

ずっと以前、人間は、野生動物を狩猟して食べていました。
といっても、野生動物が簡単に捕獲できる道具もなかった時代、
日本人は菜食中心で、何か特別な日のお祝いとしてたまに動物を食べるくらいでした。
動物はめったに食べられないごちそうでしたが、
それでも現代よりは狩猟が盛んでした。
だから動物のほうも人間に対して注意深く警戒する必要がありました。

でも今はどうでしょう。

自分の手を汚すことなく、
スーパーできれいなお肉を簡単に手に入れられるようになって、
誰も森に出かけなくなりました。
そして、野生動物と人間との緊張関係がなくなり、
本来の食物連鎖が崩れてしまいました。

めったに食べられないはずの命を大事にいただくことを忘れて、
食べる用の命を作り出すことまで考えついて、余って、
もう肉は十分だと言って焼却処分する人間。

山からこんなにシカやイノシシがあふれてきているのなら、
いっそのこと日本中でその肉を食べて、
不自然に繁殖された牛を食べるのをやめたらいいのになあと、私は思うのです。
そうすれば本来の自然に近い形で、人間も生きられるのになあ、と。

すでに若狭町では、
捕獲したシカを食肉用に加工する施設も併設する計画を立てていますが、
そのかわり既存の牛、豚、鶏などの畜産を減らすのでないと、ちょっと疑問符がつきます。
だって肉は余っているのですから。


今回あらためて、自然の生態系を壊すことの弊害を思い知らされました。
山からおりてきた野生動物を山に返すには、もう手遅れなのかもしれません。

若狭町の高齢の農家の方など、生活が大変な方々のことを思うと、
何が正しいのかわからなくなってきますが、でも、だからといって、
焼却施設の完成をセレモニーで祝うのも、なんか間違っています。



ねえ、まちがっているよ!!!


言葉を話せない動物の代わりに何か言うとしたら、
その声は決して小さくしてはいけないのだと、どなたかがおっしゃっていました。
それをあらためて自分に言い聞かせたいと思います。








テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア

-->
最新記事

全ての記事を表示する

はいけい、にんげんの皆さま。

カテゴリ

プロフィール

にゃんとら

Author:にゃんとら
岡山の猫好き。
犬猫を愛護センターや保健所からレスキューするNPO法人の動物愛護ボランティアに参加。シェルターに犬猫のお世話に行きながら、個人ボランティアとしても情報発信しています。
本職はグラフィックデザイナ~。

ほかにも見てほしいサイト

Twitter

リンク

このサイト内を検索する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

画像や記事の取り扱いについて

・写真/画像の無断使用はご遠慮ください。里親さん探し・動物愛護広報のための使用に際しては、ご一報いただければОKです。

・記事を転載する時はリンクも貼っていただき、記事元の紹介をお願いします。

・リンクはフリーですので、どんどんリンクをお願いします!

重要

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。