--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.05.30 00:14|動物愛護法
川崎猫虐待事件の控訴を求める要望を検察に送ってください。

意見送信フォーム
https://www.kensatsu.go.jp/kensatsumail/feedback.php?id=007

---------------------------------------------------------------------------------------------------

川崎市で起こった猫虐待事件をご存知でしょうか。

私もこの件について何か発信しなければと思いつつ何もできないまま、
先週5月23日にとうとう判決が出ました。

裁判の結果は、懲役3年、執行猶予5年。

この判決が妥当かどうかを、いま一人ひとりが考えるべき時です。
検察が控訴するかどうか、6月6日までに今後の方針が決定されるそうなので
それまでに検察に意見を送ることが可能です。

ご存知なかった方も、どうかこの悲惨な事件を自分のこととして受け止め、
社会の一員として自分はこの世界にどう参加していくのかを考えてください。


---------------------------------------------------------------------------------------------------

◆事件のことを知る

「川崎猫虐待事件」とは

2011年 廣瀬勝海(45才・神奈川県川崎市麻生区岡上)は、次々に里親サイトから仔猫を貰いうけ虐待、虐殺を繰り返していた。


<裁判記録>
事件の詳しい内容、公判中の犯人のふざけた質疑応答が記録されています。
http://nijinyanko.homepagelife.jp/saiban.html

~ 抜粋 ~
・はじめはグンとニコルを大きくして子供を産ませようと思っていたが、グンは2、3日後に、ニコルは4、5日後に首を絞めて殺した。
猫の苦しむ姿がみたいと思い、だまし取って殺すことが目的だった。
首を絞めて、床に投げつけたりしていたが、首を絞めたときに失禁するとますます怒りがこみ上げてきて、「この野郎」と思った。
殺すことで陶酔感、弱者を支配することで快感を感じ、ストレスを発散するため、猫をだましとっては虐待を繰り返した。

・ある日、ケージに入れようとしたら蘭丸に威嚇されたのでビンタしたり、しっぽを持って逆さに持ち上げ、振り回したりしたら失禁した。洗うつもりで風呂に沈め、何度か繰り返していたら死んだ。
殺すつもりはなく、懲らしめようとしたら死んでしまったのだが、ご主人様に逆らう者へのしつけが何ともいえず気持ちよかった。

・被告人:その後、部屋に戻って(笑)、もう1匹、スキちゃんを見たら、部屋の隅のPCラックの角で私を睨みつけてグルルルル…と威嚇していたので、じゃあ、お前も同じ目に合わせてやると、同じように放り投げました。キラちゃんの場合、踊り場で血が出て(掃除が)大変そうだったので、ブロック塀……、住んでいるアパートが崖の中腹に建っていて、コンクリートの壁があります。そこのところに顔を正面から数回ぶつけました。手に持ったまま壁にぶつけて、顔を見ました。顔がゆがんでいるというか、つぶれていました。

・被告人:多少なりとも、動物なんとか……え〜と(笑)、愛護法があって(笑)、懲役1年以下、罰金100万以下というのはなんかで知っていたので、通報されて警察が動くと聞いた時には、それらの処罰は食うんだろうな、と思ったと同時に、これで逆に楽になれると思いました。





<被害者の手記、集めた情報>
被害者が猫をだまし取られた状況、数匹を取り返した時の緊迫感、心痛などリアルに書いてくださっています。
http://nijinyanko.homepagelife.jp/shuki.html

~ 抜粋 ~
・アパートの階段を上ると、先日の血だまりに新しい血が増えているように見えました。
2,3段あがると、手すりのそばに、したたった新たな血痕があります。
恐怖のあまりどうかなりそうでしたが、ただただ子猫を助けたい一心でアパートの玄関に向かいました。

・私たちは震える手で子猫をキャリーに納め、アパートを後にしました。子猫たちは生きていましたが、鼻血が出ています。元気もなくぐったりしています。

・帰り道、何度も廣瀬の携帯から着信があり、出ても全て無言。
折り返したら軍手がイタズラしてたとのこと。あれは軍手からのSOSじゃなかったんだろうか・・・ごめんね軍手・・・・
気付く事が出来なかった私が全て悪いの。

PS軍手
しばらく見かけなかった君のママが赤ちゃんを産んでいたよ。
寒いし近所でも虐待事件があったからママと君の兄弟達は保護したよ。
もしかして、君がそうさせたのかな?
もう里親探しはしたくなかったけれど君の分までこの子達が幸せになれるようもう一度頑張るね。





【重要】<犯行当時の犯人の鬼畜な文章>

2ちゃんねるに本人が書き込んだひどい文章が掲載されています。虐待画像はありません。

かなりひどくて、ここに転載する勇気がありません。でも、できれば読んでください。これが現実です。
http://ameblo.jp/tomoesatosi/entry-11089168802.html




<被害者みりんたらさんのブログ>
心痛お察しします。それでも裁判結果について冷静に書いてくださっています。
http://ameblo.jp/calendulacat/entry-11259000548.html

~ 抜粋 ~
・動物を残虐な方法で何百匹いたぶり殺したとしても、運が良ければ罰金で済んでしまうのです。
ちなみに言うと、盗撮と同じ罪の重さです。

・動物虐待を犯す人間がいずれ人にも危害を加えるということは、今や世間の常識です。
動物愛護法(動物の愛護及び管理に関する法律)は、その常識に照らして妥当な法律と言えるでしょうか。


---------------------------------------------------------------------------------------------------

ここまで読んでいただけたら、事の重大さがおわかりになると思います。
もう一度、裁判結果を書いておきます。

懲役3年、執行猶予5年。

5年間おとなしく普通に生活していれば、何の償いもせずに終わります。
これが現行の動物愛護法の限界です。

神様はいるのでしょうか。
私はこんな世界に生きていたくないので、世界を変えたいです。

どうやったらこの世界から虐待をなくすことができると思いますか?

1分でいいから考えてください。

ちなみに犯人は生活保護受給者です。
私たちが一生懸命働いて収めた税金が、犯人の生活の支えになっていました。
私は何のために働いているのでしょうか。


---------------------------------------------------------------------------------------------------


川崎猫虐待事件
検察への意見送信フォーム

https://www.kensatsu.go.jp/kensatsumail/feedback.php?id=007






スポンサーサイト

テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア

2012.05.23 11:50|ボランティア活動
『 Smile★Project 人と犬猫が共存する健康的な社会を作るために 』


第2回目のスマイルプロジェクトに参加してきました。
(アップが遅くなりました・・・)

スマイルプロジェクトって?第1回の体験記はこちら↓
「ペットの幸せは飼い主が決める」

第2回目の体験記に入る前に、前回の記事で書きもれていた、
岡山市保健所の職員さんからいただいたお話について少し触れておこうと思います。

---------------------------------------------------------
◆岡山市保健所の現状
昨年度、岡山市保健所に収容された、
迷子犬は 239匹
飼い主持ち込みは 55匹

このうち生存率 32% (68%が処分)

◆岡山でも犬猫不妊手術の助成金があります
犬猫どちらでも、
オス・・・3000円
メス・・・5000円
(詳しくは岡山県動物愛護財団まで)

◆マイクロチップの重要性
飼い主さえ見つかれば、助けられるはずの命・・・。
マイクロチップが有効。
---------------------------------------------------------


などなど。

日々、殺処分の現実と向き合っている保健所の職員さん、
すこし厳しい表情で、でも丁寧にお話をしてくださいました。
保健所の職員さんは、ここに集まった飼い主さんたちを、どのような目で捉えているのでしょうか。

保健所の日常業務の中では、
自分の勝手な都合で犬猫を飼育放棄しようとする飼い主や、
犬を迷子にさせてしまうような管理不足な飼い主と接することのほうが圧倒的に多いとお察しするのですが、
それでも少なくともここは、
自分の犬とちゃんと向き合おうとしている人たちの集まりです。

だから職員さんは、厳しい業務の中でも、このスマイルプロジェクトに一筋の光を見出して、
ここに来てくださったんじゃないか、
本当にお疲れ様です・・・
そんな思いが私の頭を駆けめぐりました。

* * *

さて、第2回目の内容ですが、
第1回目のホールドスティール、マズルコントロールをちゃんと復習してから、次の課題に移りました。
このようにちゃんと本当に身に付くように導いてくれるのが、スマイルプロジェクトさんのすごいところです。


マズルコントロールの復習中、なぜかお手する「まろ」くん。
(シェルター出身。里親さまが連れてきてくださいました!)




<第2回目>
1、リードによる扱い方、散歩の仕方
2、リーダーウォークについて
3、アイコンタクトによる信頼関係づくり


特に注目したいのが2番の「リーダーウォーク」。
リーダーウォークとは、人間主導でお散歩ができるように、人間が「リーダー」となって歩くこと。
飼い主に対する犬の服従心を高めるように歩くことが重要です。

人間主導とか服従心とかって、そんなエラそうな!犬の自由にさせてあげろ!
と思う気持ちもあるんですが、
ここで冷静に思い出さないといけないのがスマイルプロジェクトさんの目的です。

それは、人と共生できる犬を育てることで、犬の殺処分を減らすこと。

たとえば犬が、野原を自由に駆け回り、人間の顔色をうかがうことなく生活できるのなら、それが一番いいのかもしれません。
でも犬というのは、長年にわたり改良され、もはや人間の生活圏でしか生きられないように退化させられてしまっていますよね。
純血の小型犬など、とても野生では生きていけません。

だから、人間の責任として、人間がきちんと教育して共存していかなければいけません。
ヒトの子供と同じで、公衆の場で騒いだり他人に迷惑をかけないよう、社会の中で生きていける子を育てることが保護者(飼い主)の責任だと思います。
また飼い主自身が育児(飼育)ノイローゼにならないよう、言葉を話せない犬と上手に付き合うために、
リードによるコントロールがとても重要なのだと思います。

* * *

・・・とは言っても自分で犬を飼った経験もなく、犬に慣れていない私には、授業内容は目からウロコなことばかり。
特にリーダーウォークは驚きの内容でした。

いちばんショックだったのはリードショック!
リードショックにショック!!です!


お散歩する時にひっぱる犬に対し、リードに強くテンションをかけてひっぱり戻すことをリードショックといいます。
ひっぱり戻すという表現ではなく、まさに「ショックを与える」というほうが合っているかもしれません。
いきなりぐいっと引き戻されたわんちゃんは、びっくりして飼い主さんを見るかもしれません。
でもここで重要なのが、声をかけない、目を見ない、ことなんだそうです。
あくまでドライに、冷徹にリードウォークをすることで、犬の甘える心を封じて服従心を育てます。

・・・やっぱり服従心と書くと、なんだかすごく
ひどいことを言っているような気がするヤワな猫飼いの私ですが、
これは恐怖心を与えて従わせるというよりも、信頼関係を育てるために行うのであって、
文章で書いていると伝わりづらいのですが実際に見てみると納得するものです。

参加者が同伴していた落ち着きのないわんちゃんをお借りして、先生がお手本を見せてくださったんですが、
最初はおてんばだったわんちゃんも、何往復か歩いただけで、ぴたっと先生について歩くようになりました。
参加者一同、「おーーーーー~~~~~っ」とうなるほどの変わりようでした。


リーダーウォーク実践中のわんちゃん

やはり先生は上手。
厳しいけれど暖かい、優しいけれど甘やかしてはくれない、というかんじで、わんちゃんたちも先生に一目置くのです。

そんな現場にいて、
そういえばリードって、導くという意味だったなあと、私は改めて認識したのでした。

* * *

ヒトの子供なら、公衆の場で少々泣いたって大目に見てもらえるけれど、
この人間社会で守られていない犬が何か粗相をしてしまったら、殺処分という現実が待っています。
もしも自分の犬が迷子になって、運よくどこかで保護されたとしても、ひっぱる犬は譲渡対象になりにくいです。

なぜか犬には100%の「おりこうさん」が求められるこの世界で、自分の大切な犬を守るためには、
どこへ出しても、たとえ他人の手に渡っても大丈夫な犬に、育てなければいけないのです。

犬にとってはすこし窮屈かもしれないけれど、社会性が優れている犬には、意外とどうってことないのかもしれませんね。

リードショックにショック!を受けた私でしたが、
時には心を鬼にすることも必要なのだと思うようになりました。
子育てって難しい・・・


(ちなみに猫にリードはつけないでくださいね!
猫と犬では空間の使い方が違うので、からまったり事故の原因になります。)






テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア

2012.05.22 20:00|ボランティア活動
このページではわんぱーくスタッフとして
シェルターの保護っ子たちを紹介&譲渡予約会のお知らせを広めるお手伝いをします

譲渡をご希望の方は、こちらからメールでお問い合わせください
(わんぱーくスタッフとして、私にゃんとらが対応、お取次ぎいたします。)
譲渡会に来られない方も、写真を見て「この子!」という子がいましたらお気軽にお問い合わせくださいね☆


☆⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒☆

ペットショップに行く前に!
第7回 わんぱーく譲渡予約会

【 日時 】 5月27日(日) 13:00~15:00
【 場所 】 ネイバーズドッグカフェ敷地内 ( 岡山市北区辰巳30-105 )


※ネイバーズドッグさんには敷地をお借りしているだけですので直接のお問い合わせはご遠慮ください。


大きな地図で見る


わんぱーくは行政と協力・連携して保健所や愛護センターから犬猫をレスキューしているボランティアチームです。

こちらが譲渡対象の子たちです


ルブ ♂
ひっつき虫
ぱんきち ♂
抱かれ好き
ヒーロー ♂
自由気まま
(右足麻痺・Felv)
ひなたん ♀
おとなしかわいい
(左足切断)


とわ ♂
人にくっついてたい
(FIV)
プリン ♂
人見知り男前
ふわりん ♀
人好き猫嫌い
(右足麻痺)
25番ちゃん
黒猫



ニャロン ♀
双子疑惑!?
ニーナ ♀
キジトラ婦人



38番ちゃん
アメショ風
39番ちゃん
キジトラ長毛
【★トライアル中】
40番ちゃん
キジ白
41番ちゃん
シャムハチワレ



42番ちゃん
黒白ハチワレ
【★トライアル中】
43番ちゃん
キジ白(白地)
44番ちゃん
キジ白
45番ちゃん
キジ白(白地)





にゃーにゃー ♀
びびり屋
ふーみん ♀
緊張しい
にこ ♀
いつもどきどき
イブ ♀
恥ずかしがり屋



kaori.jpg
かおり ♀
ふうとの母さん
みにー ♀
人なつこく活発
【★ご相談中】
みみ ♂
そっくり3兄弟
みよ ♀
そっくり3兄弟



みーご ♂
そっくり3兄弟
【★トライアル中】
しんたろう ♂
人と自然が大好き!
しおり ♀
おしとやか
しんのすけ ♂
キツネみたい



しろ ♂
白くまみたい
ヨイ ♂
好奇心旺盛
43番ちゃん ♀
おりこうラブラドール






この子たちはみんな一度は飼い主に見離されたり、もともと身寄りのない子たちです。
運が悪ければ、すでに殺処分されていたはずの命・・・
でも縁あって命をつなぎ、私たちの元へやってきました。

不遇な犬生・猫生にあってみんなそれぞれ心に傷を受けた子たちではありますが、
ちゃんと接してあげれば必ず応えてくれる子たちでもあります。
子育てと同じように動物と向き合い、手をかけて育て、その成果として「心が通じあう瞬間」というのは、何にも代えがたい喜びの瞬間となりますよ^^

あたたかく、家族の一員として迎え入れてくださる方をお待ちしています。


「興味はあるけど飼えない・・・」という方も、お気軽に遊びにいらしてくださいね(^ ^)
私たちの活動を知っていただくことが重要です。

スタッフ一同&わんにゃん共にお待ちしています。
よろしくお願いします!

**************************************************

・ここに載っている子たちすべてが譲渡会で実際にふれ合えるわけではありません。
当日のコンディションより、連れていく子を限定します。
・譲渡会当日までに里親様が決まっている場合もあります。
・その場ではお渡しできません。後日、飼育環境を拝見しに伺い、譲渡条件が合えばその後の譲渡とさせていただきます。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  譲渡をご希望の方へ Read me!
---------------------------------------------------------

【 譲渡条件 】

  犬の場合

・生涯にわたり守り、愛情と責任を持って家族の一員として可愛がってくださる方。
・日々の健康管理に気を配り、良質の食事を与え、万が一病気やケガになった場合に充分な医療ケアを受けさせてくださる方。
・これ以上不幸な犬たちを増やさない為、避妊・去勢をしてくださる方。
・年に1度予防接種(ワクチン、フィラリア予防、狂犬病予防ワクチン)をしてくださる方。
・譲渡後10日以内に居住区の役所にて登録手続きを済ませ、犬鑑札を首輪に取り付けてくださる方。
・脱走への配慮を怠らない事と万が一脱走した場合は至急譲渡者に連絡してくださる方。
・譲受してから最初の6ヶ月は元の譲渡人への近況報告をしてくださる方。
・ご自宅まで伺い、飼っていただく環境を拝見させていただきます。
・県外の譲渡の場合、交通費のご負担をお願いする場合があります。


  猫の場合

・生涯にわたり守り、愛情と責任を持って家族の一員として可愛がってくださる方。
・日々の健康管理に気を配り、良質の食事を与え、万が一病気やケガになった場合に充分な医療ケアを受けさせてくださる方。
・これ以上不幸な猫たちを増やさない為、避妊・去勢をしてくださる方。
・年に1度予防接種(ワクチン)をしてくださる方。
完全室内飼いを実行し、脱走への配慮を怠らない事と万が一脱走した場合は至急譲渡者に連絡してくださる方。
・譲受してから最初の6ヶ月は元の譲渡人への近況報告をしてくださる方。
・ご自宅まで伺い、飼っていただく環境を拝見させていただきます。
・県外の譲渡の場合、交通費のご負担をお願いする場合があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

譲渡をご希望の方は、こちらからメールでお問い合わせください

(わんぱーくスタッフとして、私にゃんとらが対応、お取次ぎいたします。)
譲渡会に来られない方も、写真を見て「この子!」という子がいましたらお気軽にお問い合わせくださいね☆




にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
ランキングに参加しています。ぜひポチっとおねがいします!





テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア

-->
最新記事

全ての記事を表示する

はいけい、にんげんの皆さま。

カテゴリ

プロフィール

にゃんとら

Author:にゃんとら
岡山の猫好き。
犬猫を愛護センターや保健所からレスキューするNPO法人の動物愛護ボランティアに参加。シェルターに犬猫のお世話に行きながら、個人ボランティアとしても情報発信しています。
本職はグラフィックデザイナ~。

ほかにも見てほしいサイト

Twitter

リンク

このサイト内を検索する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

画像や記事の取り扱いについて

・写真/画像の無断使用はご遠慮ください。里親さん探し・動物愛護広報のための使用に際しては、ご一報いただければОKです。

・記事を転載する時はリンクも貼っていただき、記事元の紹介をお願いします。

・リンクはフリーですので、どんどんリンクをお願いします!

重要

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。