スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【岡山の場合】犬猫掲載と飼い主持ち込みについて

2012.02.25 02:02|岡山の動物行政
まずはじめに・・・
以前の記事「自称飼い主から引き取るのか?」の本文中で
「飼い主が持ち込んだ犬猫たちには、生きる道が全く残されていない」
との表記をご覧になった先輩からご指摘いただき、正確な表記ではないことに気づきました。

具体的にどういうことかと言うと、
記事中には、岡山市保健所は犬も猫も、飼い主持ち込みの子は掲載しないし譲渡対象にもならない、と受け取れる文章を書いていましたが、それは説明不足でした。
正しくは「岡山市保健所の場合、犬は飼い主持ち込みでも譲渡対象になる場合がある」です。
全国について漠然と書いていたつもりでしたが、あらためて読んでみると、岡山市保健所の事についてのみ書かれているようにも受け取れました。

読者の皆様や保健所・センターの方には、あいまいな表現で誤解を与えてしまったかもしれないのでお詫びいたします!
元の記事についてもきっちり訂正させていただきました

今回教えていただいたボランティアの先輩は、さすがに長年携わってこられただけあって、ほんとに知識が豊富で尊敬します。
情報をいただき、ありがとうございました。

* * *
これを機にあらためて、岡山県内の保護犬猫の掲載や、飼い主持ち込みの犬猫の処遇について正しい情報をまとめてみました。
岡山の動物行政に興味のある方、必見です。

-----------------------------------------------------------
 【岡山県動物愛護センター】(岡山市と倉敷市以外の、県内全域を管轄)
-----------------------------------------------------------

<掲載について>
・収容コーナーと譲渡コーナーをホームページの中で分けている。
[収容] http://www.pref.okayama.jp/page/detail-54435.html
[譲渡] http://ww9.tiki.ne.jp/~okadouaizai/html/jouto_shoukai.html

<飼い主持ち込みの子は>
・犬も猫も → 譲渡可能な場合は譲渡コーナーに掲載される。


-----------------------------------------------------------
 【倉敷市保健所】(倉敷市を管轄)
-----------------------------------------------------------

<掲載について>
・収容している犬猫を処分対象、譲渡対象分けずに一つのコーナーに掲載をまとめている。
http://www.city.kurashiki.okayama.jp/dd.aspx?itemid=8416

<飼い主持ち込みの子は>
・犬 → 譲渡に回る子もいる。
・猫 → 連れ込まれた日にセンターに回る前に誰かが引き取れば救われることになっている。


-----------------------------------------------------------
 【岡山市保健所】(岡山市を管轄)
-----------------------------------------------------------

<掲載について>
・猫は掲載されない、犬は収容と譲渡に分けて掲載している。
・収容コーナーに犬猫それぞれのページがあり、譲渡は犬のみ。(3/22訂正)

[収容] http://www.city.okayama.jp/category/category_00000500.html
[譲渡] http://www.city.okayama.jp/hofuku/eisei/eisei_00255.html

<飼い主持ち込みの子は>

・猫 → 100%処分
・犬 → 飼い主持ち込みでも譲渡に回る子もいる。


* * *

ということで、岡山市保健所の猫については残念ですが、犬は譲渡に回る場合があるということ、
それから倉敷市保健所とセンターについては、飼養放棄で持ち込まれた犬猫どちらにも譲渡のチャンスが与えられていることをあらためて明記しておきます。

今後は岡山市保健所にも猫を掲載してもらえるように呼びかけていけたら、と思います。
【3/22追記】岡山市も負傷猫の掲載を始めました!詳しい記事はこちら→「祝!★岡山市保健所が保護猫掲載




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア

コメント:

No title

はじめまして

私も月に2回ボラに参加させて頂いてる者です。
保険所の対応は、市によって違うんですね。
でも猫の持ち込みは、全頭処分ってどんな理由からなんでしょうかね。納得いきません。
後・・ネット上の収容情報は保護犬猫ばかりで、持込みの犬猫が掲示されないのは何故??
1人でも多くの方に見て頂いた方が、救われる仔も多いはずなのに・・・

保険所の職員さんによっても、対応が違うと聞いた事もあります。
わんぱ-くさんで、お借りして読んだ本「犬たちをおくる日」
実話を描いた本ですが、愛護センタ-や保険所で働く職員さんは、この本に出て来る様な人であって欲しいと思いました。

いつか現場でご一緒させて頂く時があるかも
知れませんが、その時は宜しくお願いします^^





猫・・・

ケロンパさん、こんにちは。
岡山市の猫についての扱いは、当初から疑問を持っていました。
私は動物愛護ボランティアでもありますが、岡山市に住んでいる、いち「猫のおかあさん」でもあるので、わが子の安全のためには尽力したいです。

愛猫を外に出さないようにするために対策をとっていますが、万が一ということがあります。
このままでは、岡山市で猫を飼うのはリスクが高い気がしてしまいます。
他の市に住むほうが安全なのでは?引っ越したほうがいいのでは?とさえ考えてしまいます。
このことを岡山市はもっと重大なこととして考えてほしいです。

>いつか現場でご一緒させて頂く時があるかも
こちらこそ、ご一緒できる日を楽しみにしています^^
みんなでがんばりましょう!
非公開コメント

-->
最新記事

全ての記事を表示する

はいけい、にんげんの皆さま。

カテゴリ

プロフィール

にゃんとら

Author:にゃんとら
岡山の猫好き。
犬猫を愛護センターや保健所からレスキューするNPO法人の動物愛護ボランティアに参加。シェルターに犬猫のお世話に行きながら、個人ボランティアとしても情報発信しています。
本職はグラフィックデザイナ~。

ほかにも見てほしいサイト

Twitter

リンク

このサイト内を検索する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

画像や記事の取り扱いについて

・写真/画像の無断使用はご遠慮ください。里親さん探し・動物愛護広報のための使用に際しては、ご一報いただければОKです。

・記事を転載する時はリンクも貼っていただき、記事元の紹介をお願いします。

・リンクはフリーですので、どんどんリンクをお願いします!

重要

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。