スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!★岡山市保健所が保護猫掲載

2012.03.22 18:24|岡山の動物行政
私はかねてからの記事で、岡山市保健所の猫について書いてきました。

岡山市保健所では、「保護犬は掲載するのに、保護猫は掲載しない」という問題があり、
電話で職員さんにお尋ねしたり、記事に書いたりして問題提起してきたのですが・・・

ついに!
保護猫情報のページができました!
パチパチパチパチっ

[ 岡山市保健所 保護猫情報 ]
http://www.city.okayama.jp/hofuku/eisei/eisei_00400.html


岡山市で猫を飼う私たちにとって、この一歩は、とても評価すべき進化です。

もし愛猫が外に出てしまったら。
もしケガをして保健所に収容されてしまったら。
もし迷子札も取れてしまっていたら。

飼い主の心配は尽きません。
今までのように保健所収容から処分までの「未公開グレーゾーン」があると、私としては気が気ではない状態だったのです。

だから、保健所が猫を保護して「公開する態勢ができた」、ということ自体に、大変意味があると思います。
保護情報を公開してもらうことで、保護してから処分決定するまでの管理を適正にしてくれるんだ、という安心感がもてます。
万が一何かの手違いがあって連絡が滞っても、「最後の砦」として、保健所が一定期間まもってくれるという安心です。

要望を出し続けてくれた市民の皆さんと、努力してくれた職員さんたちのおかげです。
ありがとうございました!

* * *

さて、この小さな一歩に喜んでいるヒマはあまりなく、引き続き保健所に要望していかなくてはならないことがあります。
それは、「写真の掲載」です。

【3/23追記】すみません!岡山市保健所が猫の写真を掲載しない本当の理由がわかりました→「岡山市保健所の英断とは


今回の保護猫掲載は、実は文章のみの掲載です。
ページには明確に、「負傷して保健所へ搬入された猫の情報です。(画像はありません)」と表記があります。

以前電話でお尋ねした時、職員さんは
「もし猫を掲載できたとしても、文章のみになると思います。負傷している猫ですので写真はちょっと・・・」とおっしゃっていました。
(一言一句が正確ではありません。こんなニュアンス、ということです。)

でもやっぱり私は、写真は重要だと思うのです。

たとえば皆さんは次にあげる猫の毛の柄について、ぱっと姿が浮かぶでしょうか?
キジトラ
サバトラ
茶トラ

きっとここに読みに来てくださる多くの方にとっては簡単すぎる問題でしたね。
さらに白色が入ると、それぞれ、キジ白・サバ白・茶白・・・などと呼びますよね。

キジトラとサバトラと茶トラの違いを、保健所の職員さんが正確に記載できるとは限りません。
たとえ保健所側がキジトラと思って記載しても、飼い主からしたらサバトラかもしれません。

これに加え、純血種での毛色の呼び方でこられたら、もうわけがわからなくなります。

飼い主:  「うちの猫がそちらにいませんか?柄はブラウンタビーなんですが。」
職員さん: 「キジトラならいるんですが。」
飼い主:  「いえいえ、ブラウンタビーなんですが。」

なんてことになったりして。
ここまでくるとちょっと笑ってしまいますが、あえて極端にするとこういう認識の違いがあるという話です。

(注:そもそも愛犬・愛猫がいなくなったら、ちゃんと保健所に足を運んで確認しに行くのが飼い主の正しいあり方だと思うので、
電話やホームページで見るだけでなく、必ず現地で姿を確認してくださいね!)


今すでに、全国的にも、収容動物の写真掲載はあたりまえになっていると思います。
同じ岡山でも、県愛護センターでは負傷猫の掲載をしています。

岡山市も、負傷した動物を見る抵抗感を市民に与えるデメリットよりも、飼い主にとって家族を見つける可能性を広げるメリットのほうを優先すべきです。


また、全国には「迷子情報拡散ボランティア」さんがたくさんいらっしゃいます。
これは私もツイッターを始めて知ったのですが、実にたくさんの方が「微力ですが」とおっしゃいつつも時間をさいて全国の保健所ホームページをチェックされ、保護犬猫の情報をツイッターで広めてくれているのです。

ツイッターの短い文章で個体を表現するためには、毛色の表現はかなり重要になってきます。
飼い主さんは必死に情報を集めようとしてツイッターも活用されるかもしれませんが、多くの情報がある中で、毛色の表現ひとつ違えば、見落としてしまう可能性が高まります。

やはり文字より写真が物を言います。
いくら負傷していても、どんな姿になっていても、写真さえ見れば自分の愛猫かどうかは一目で判別できるものです。

* * *

大切な家族を守るために、やるべきこと。

1、目の届く範囲で管理(室内飼いの徹底など)、迷子札やマイクロチップの装備

2、万が一の場合は、保健所と愛護センターと警察にすぐ連絡すること、足を運んで確認すること

3、住んでいる街の動物行政をしっかりしてもらえるよう声を上げること


あらためて自分のペットの管理を見直し、万が一のとき後悔しないよう日頃から備えを怠らず、できれば行政にも意見を届けましょう。
写真掲載について共感してくださった方はぜひ、岡山市保健所に要望を出してみてくださいね。

岡山市 保健福祉局衛生課へのお問い合わせフォーム
※意見を出すときは、苦情ではなく要望として丁寧なマナーを心がけてください。


【3/23追記】岡山市保健所が猫の写真を掲載しない本当の理由→「岡山市保健所の英断とは







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア

コメント:

No title

ご尽力ありがとうございます。地元の動物行政をしっかりしてもらうように要望することはとても大切ですね。さまざまな形で動物たちのために活動されていらっしゃるにゃんとらさん、素晴らしいです。

>yukiko さん

いつもありがとうございます。
いえいえ、私なんて、たいして何もしてないんですよ。
先輩方のご尽力のたまものです。

動物問題でも何でもそうですが、一番関わりの深い地元のことや、自分が関わっている1匹1匹の動物のことはもちろんちゃんとしないといけないし、でも国という単位で法律があることを考えると日本全国という広範囲のことも考えなければいけない。

自分が属しているものが「ひとつ」ではなく重複して絡み合っている、というのが活動を複雑化している原因ですね。
もっとシンプルにならないかなーと思います^^;
非公開コメント

-->
最新記事

全ての記事を表示する

はいけい、にんげんの皆さま。

カテゴリ

プロフィール

にゃんとら

Author:にゃんとら
岡山の猫好き。
犬猫を愛護センターや保健所からレスキューするNPO法人の動物愛護ボランティアに参加。シェルターに犬猫のお世話に行きながら、個人ボランティアとしても情報発信しています。
本職はグラフィックデザイナ~。

ほかにも見てほしいサイト

Twitter

リンク

このサイト内を検索する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

画像や記事の取り扱いについて

・写真/画像の無断使用はご遠慮ください。里親さん探し・動物愛護広報のための使用に際しては、ご一報いただければОKです。

・記事を転載する時はリンクも貼っていただき、記事元の紹介をお願いします。

・リンクはフリーですので、どんどんリンクをお願いします!

重要

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。