スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元気でね。子犬4匹みんな幸せに!

2012.11.09 15:40|ボランティア活動
山で保護した4匹の子犬のうち、ずっと残っていた2匹ちゃん。
10月28日の岡山県動物愛護フェスティバルの譲渡会に参加してきました!

(→ 保護の経緯はこちら
(→ 先に決まった2匹の記事はこちら



当日は預かりボランティアさんがお揃いのかわいい服を着せてくれて
見違えるような「ごはん」と「ころん」。

fes_koinu.jpg

どう私たち、かわいいでしょ。


そしてついに!
この日、2匹とも里親さんが決定しました!
本当はまだ1週間のトライアル中ですが、
戻ってくるわけがないと思えるような良いご縁だったのでもう発表しちゃいます。

ごはんもころんも、この里親さんを待っていたんだね。

* * *


kettei_gohan.jpg

ごはん
優しいご夫婦と犬思いの娘さん3人のご家族のもとへ。
名前はポピーちゃんになりました。
犬が快適に過ごせるようにお庭の工夫などもあれこれと計画を立ててくださり
安心して譲渡することができました。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


kettei_koron.jpg

ころん
雑種でもいい、行き場のない犬こそ引き取ってあげたい、という慈悲深いご夫婦のもとへ。
名前はみゅうちゃんになりました。
ペットとしてではなく子供として扱いたいとおっしゃっていただき、
寝るときもいっしょ、というお嬢様待遇で迎え入れてくださいました。


*************************************




9月1日に山で出逢ってから、約2ヵ月。
本当にドタバタの日々でした。

山で母犬といっしょに、何にも制限されることなく自由奔放に生きてきた子犬たちは、
私という人間に遭遇したばっかりに怖い思いをして捕まえられ
知らない場所に連れて行かれ、毎週譲渡会にひっぱり回され・・・
最初はとてもつらい思いをしていたと思います。

里親さんもなかなか決まらない中で、そんな怯える子犬たちを見ていると
野犬を保護することってそもそも果たして正解なのか?という迷いも出てきたりして
私自身の気持ちも最初は淀んでいました。

でも一時預かりを申し出てくれたボランティア仲間さんとその娘さんが
子犬と接しているのを見るうちに、不思議となんだか、
こういうのもいいんじゃないの!と思えるようになっていました。

目の上のたんこぶ扱いだったような野犬の慣れない子犬たちを
本当に可愛がってくれて、子犬たちの「存在」を認めてくれたから、
保護してしまった当人の私も、自分のしたことを認めることができたんだと思います。
これは今になって自己分析してみて気づいたことです。

「犬かわいいし、いいじゃん!なるようになるわ!」という、くったくのない明るさに何度も救われました。
犬好きパワーってすごい。

その人のおかげで子犬たちのストレスも、だいぶ緩和されていたと思います。
人間と共に暮らすという、子犬にとっては未知の第一歩を、その人が導いてくれました。

人間って怖くないんだよ、君たちを愛したいんだよ
そういう思いが少しずつ犬にも届いて、徐々に心を開いていっていました。

子犬たちに会うたびに私にもその成長がわかって嬉しく思うと同時に、
なんだか、後ろを守ってくれている鉄壁のゴールキーパーのように頼もしく思っていました。
その人がいなければ私にはこうしてブログを書いたり勉強会に行ったり、
他の活動をする時間はなかっただろうから。




こんちゃん、まりなちゃん、本当にありがとう!
(子犬のドタバタに耐えてくれた先住犬のまーち君も!)


それから、子犬たちのポスターを個別に作って貼ってくださったボランティアさん、
ご自分のサイトに里親募集をとても目立つように記載してくださった方!
ほかにも拡散など様々な形で協力してくださった、たくさんの方々。
受け入れてくださったチームのみなさん。
今まで本当にありがとうございましたm(^ ^)m



私も、実はもともと犬が得意ではないので、縁がなければスルーしていた野犬という存在・・・。
ひょんなことから首をつっこんでしまい、そのうち
自分ひとりでは自由に決定できないほど大きな渦に巻き込まれていくような感覚がありました。

プレッシャーもありましたが、でも
それは色々な人に支えてもらわなければ達成できない事だからですし
一度足を突っ込んだら「やっぱやーめた」は通用しない命の事だからですよね。

山にはまだ2匹の子犬と母犬が残っていますので、
引き続きがんばりたいと思います。

(冬がくるなあ・・・)


* * *




みんな元気でね。




2012-09-01 13.46.36
(保護した日、ちっちゃくてころっころの4匹)



4hiki_3.jpg
(まだすこしあどけなかった頃の4匹)



幸せに暮らすんだよ。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア

コメント:

No title

どの仔も素敵なご家庭に嫁ぐ事ができ、良かったですね。v-238

捕獲をされたそうにゃんださん、預かりさんのこんちゃんさんと、まりなちゃん、
この度はお疲れ様でした。そして、有難うございました。

これからは、家族の一員として幸せになってね。









Re: Hさん

こんにちは!
コメントありがとうございます。

保護作戦から里親さん決定まで、
こんな感動を味わうことができたのも皆さんの協力があってのことでした。
大変な思いで預かりをしてくれていたこんちゃんさんも、
この体験を、楽しかったと言ってくれました^^

4匹にはずっと幸せでいてほしいです。

No title

里親さま決定おめでとうございます。
良かったですねー。
みんな良いご縁に恵まれて
みなさんの努力も報われましたね〜。

あと2匹と母犬。
この子たちにも幸せが訪れるよう
犬の神様、よろしくお願いします!

Re: KKさん

ありがとうございます!
ほんとうに4匹ともいいご家庭にもらわれて・・・
犬の神様のおかげです^^

山の子たちは、先が思いやられますが・・(+_+)

ありがとう

遅ればせながらコメントしちゃいます(*゚▽゚*)
このブログ見てすぐに号泣してしまいコメントもできずにいたよ。
色んなことが思い出されて…譲渡が決まってホッとしたけどやっぱり淋しさもあり、でもやっと気持ちも落ち着いてきました。

にゃんとらさんにはとってもお世話になりました。
この預かりをきっかけに親しくなり、娘の相談にものってくれて…感謝です!
楽しい2ヶ月だった(^O^)
保護した山にも連れて行ってくれ、あの子たちのいた場所も見ることができてよかったです。
私なんかよりもよっぽどたくさんの活動に参加されて見習うことも多いです。
今後も一緒に頑張っていきたいね~\(*⌒0⌒)♪

とりあえず今はまーちを思いっきり甘えさせてしまってます( ´▽`)

色々ありがとう(๑≧౪≦)

Re: ありがとう

こんちゃんさん、おつかれさまです!
複雑な思いなのにコメントくれてありがとうございます^^

2ヵ月は色々な事を感じすぎて、時間的にも気持ち的にもいそがしく
本当にあっという間に過ぎていきました。
そしてあの子たちがいる間は、大変だ大変だとばかり思っていたけど、
いなくなったらなんだか寂しいですね。

それもこれも。
これからまだまだ続く
長い保護活動のスタートラインにすぎないと思うと・・・とほほですが^^;
またいっしょにがんばっていけたらと思います。
今後ともよろしくお願いします!
非公開コメント

-->
最新記事

全ての記事を表示する

はいけい、にんげんの皆さま。

カテゴリ

プロフィール

にゃんとら

Author:にゃんとら
岡山の猫好き。
犬猫を愛護センターや保健所からレスキューするNPO法人の動物愛護ボランティアに参加。シェルターに犬猫のお世話に行きながら、個人ボランティアとしても情報発信しています。
本職はグラフィックデザイナ~。

ほかにも見てほしいサイト

Twitter

リンク

このサイト内を検索する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

画像や記事の取り扱いについて

・写真/画像の無断使用はご遠慮ください。里親さん探し・動物愛護広報のための使用に際しては、ご一報いただければОKです。

・記事を転載する時はリンクも貼っていただき、記事元の紹介をお願いします。

・リンクはフリーですので、どんどんリンクをお願いします!

重要

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。