スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物愛護法の省令が公布されました!

2013.04.01 15:51|動物愛護法
動物の愛護及び管理に関する法律、施行規則の一部を改正する省令が公布されました!
環境省 報道発表資料 http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=16489


施行日は平成25年9月1日です。
→ 動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の一部を改正する省令 [PDF]


また昨年12月のパブリックコメントの結果について、
正式にテキスト化されたものがアップされていますのでお知らせします。

意見数は合計16,758件だったそうです。
→ パブコメの集計結果 [PDF]



↓省令の概要です。ここだけでもチェック!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の
一部を改正する省令の主な概要

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(1)犬猫等販売業者について


[1]犬猫等販売業者の範囲

対象は「犬又は猫」の販売を業として行う者とする    


[2]犬猫等健康安全計画の規定事項及び登録基準

○幼齢の犬猫等の健康及び安全を保持するための体制の整備

○販売の用に供することが困難となった犬猫等の取扱い  
  
○幼齢の犬猫等の健康及び安全の保持に配慮した飼養、保管、繁殖及び展示方法

○基準としては、それぞれの事項について1)遵守基準等に適合するものであること、2)健康及び安全の保持の観点から具体的かつ明確であること、3)終生飼養の観点から適切であることを定める。



[3]帳簿記載事項及び都道府県知事への報告

○帳簿には、以下を記載する。

1)個体情報、2)繁殖者名、3)生年月日、4)所有日、5)販売又は譲渡した者の名称等、6)販売又は引渡し日、7)販売又は引渡しの相手方の名称等、8)販売・引渡し先の法令遵守状況、9)販売担当者名、10)説明及び確認の実施状況、(飼養・保管中に死亡の事実があった場合には)11)死亡日、12)死亡原因

○帳簿は、販売を行う事務所に5年間保管する。

○都道府県知事への定期報告は、毎年1回とする。



..................................................................................
(2)対面説明・現物確認について


[1]販売時に対面説明・現物確認を義務付ける動物の範囲

第一種動物取扱業者により取り扱われる哺乳類、鳥類、爬虫類の販売全て(但し第一種動物取扱業者間の販売を除く)を対象とする。


[2]説明事項

1)品種等の名称、2)標準体重、標準体長等、3)平均寿命等、4)飼養施設の構造及び規模、5)給餌・給水の方法、6)運動及び休養の方法、7)人獣共通感染症等、8)不妊又は去勢の方法及び費用、9)その他みだりな繁殖を制限するための措置、10)関係法令による規制内容、11)性別の判定結果、12)生年月日、13)不妊又は去勢の実施状況14)繁殖者名等、15)所有者の氏名(販売業者が所有者でない場合)、16)病歴、ワクチン接種状況、17)親兄弟等の遺伝性疾患の発生状況、18)その他必要な事項



..................................................................................
(3)第二種動物取扱業者について


 第二種動物取扱業者の範囲

○飼養施設については、人の居住部分と明確に区分できる場合に限定し、飼養又は保管を一時的に委託を受けて行う場合を含まない。

○飼養頭数の下限については、大型(牛・馬、特定動物)、中型(犬・猫等)、小型(ネズミ・小鳥等)に分け数値を設定する。大型は3頭、中型は10頭、小型は50頭。

○法35条に基づく取扱い(引取り・保管・譲渡等)の他、法に基づく動物の取扱い(狂犬病予防法に基づく抑留、感染症予防法に基づく検疫等)については、届出制度の対象外とする。



..................................................................................
(4)虐待を受けるおそれのある事態について


 下記のいずれかの状況が把握され、飼養者が担当職員による改善指導に従わない、あるいは担当職員による現状確認等の状況把握を拒否する等により、当該事態の改善が望めない事態の場合、都道府県知事による勧告・命令を可能とする。

○鳴き声がやまない、異常な鳴き声が続くなどの状態が継続し、不適正な飼養状況が想定される

○悪臭が継続する又はねずみ、はえその他の衛生動物が大量発生するなどにより、不衛生な飼養環境が想定される

○栄養不良等の個体が見られ、給餌・給水が一定頻度で行われていないことが想定される

○爪が異常に伸びている、体表が著しく汚染されているなど適正な飼養が行われていない状態が長期間続いている個体が見られる

○繁殖防止措置が講じられず、かつ、譲渡等の飼養頭数の削減が図られないことにより、繁殖により頭数が増加している



..................................................................................
(5)引取りを求める相当の事由がないと認められる場合について


○犬猫等販売業者から引取りを求められた場合

○引取りを繰り返し求められた場合

○子犬又は子猫の引取りを求められた場合であって、当該引取りを求める者が
都道府県等からの繁殖を制限するための措置に関する指示に従っていない場合

○犬又は猫の老齢又は疾病を理由として引取りを求められた場合

○引取りを求める犬又は猫の飼養が困難であるとは認められない理由により引取りを求められた場合

○あらかじめ引取りを求める犬又は猫の譲渡先を見つけるための取組を行っていない場合

○その他、法第七条第四項の規定の趣旨に照らして
引取りを求める相当の事由がないと認めるられる場合として都道府県等の条例、規則等に定める場合


 なお、上記場合であっても生活環境の保全上の支障を防止するため引取りが必要と判断される場合には引取りを行わなければならない。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

概要は以上です。

これから9月の施行に向けて、
皆さんの都道府県、自治体においても条例が整備されていくことと思われますので、
お住まいの地域の条例改正についても、アンテナを張っておいてください!!









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア

コメント:

非公開コメント

-->
最新記事

全ての記事を表示する

はいけい、にんげんの皆さま。

カテゴリ

プロフィール

にゃんとら

Author:にゃんとら
岡山の猫好き。
犬猫を愛護センターや保健所からレスキューするNPO法人の動物愛護ボランティアに参加。シェルターに犬猫のお世話に行きながら、個人ボランティアとしても情報発信しています。
本職はグラフィックデザイナ~。

ほかにも見てほしいサイト

Twitter

リンク

このサイト内を検索する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

画像や記事の取り扱いについて

・写真/画像の無断使用はご遠慮ください。里親さん探し・動物愛護広報のための使用に際しては、ご一報いただければОKです。

・記事を転載する時はリンクも貼っていただき、記事元の紹介をお願いします。

・リンクはフリーですので、どんどんリンクをお願いします!

重要

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。