スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エミュー油ってどうなん。MIMC(エムアイエムシー)

2013.04.08 18:55|動物との共存を考える
先日、ナチュラグラッセの化粧品を返品しに行った私ですが、
そのお店は「コスメキッチン」というオーガニック化粧品のセレクトショップでした。

さすが動物実験をしていない商品ばかりを取り扱っているお店なので、
店員さんも優しく、返品理由にも納得してくれた様子で、
「こちらも勉強不足で申し訳ありませんでした。」と言ってくれました。


私は最近「ネイチャーズゲート」←おすすめ!という
アメリカのメーカーのシャンプーや歯磨き粉を使っているのですが、
裏のラベルに「Cruelty Free」(虐待していない)というウサギちゃんマークがプリントされていて、とても安心です。
また、動物由来成分も無配合であることが明記されています。

ng_shampoo.jpg
(ネイチャーズゲートのシャンプー&コンディショナー)

コスメキッチンにもネイチャーズゲートの商品があったので、店員さんに裏のウサギちゃんマークを教えてあげると
「すごいですね、知りませんでした!すいません、勉強になります!」
と謙虚なお答え(^_^)

身近にこういうお店があると、心強いですね。


* * *


それで、ここからが本題なんですが、
アイライナーで他のラインナップを聞いたところ、MIMC(エムアイエムシー)という
オーガニックメーカーがあるとか。
でもMIMCは、動物実験はしていないけれど、商品の中には動物性の原料を使っているものもあるということ。

使っている動物性のものは、

・ハチミツ
・エミューの油



・・・エ、エミュー??

またひっかかりました。


そ、その油はどうやって採取しているのですか!?Σ(゜o゜)

店員さんも、よくわからないということで、
詳しくはメーカーさんに直接電話で聞いてくださりました。

でも残念ながらメーカーさんからも、原料についての詳細は教えてもらえなかったようでした。
MIMCもナチュラグラッセと同様、消費者に原料を説明できないメーカーさんとして、
私的には却下・・・そんな釈然としないものは買えません。

店員さんに、せっかく聞いてくれたのに購入できないと謝ると、
よく理解してくれて、「こちらこそすみません」というような気持ちの良いやりとりができました。

丁寧に対応してくださった店員さん、ありがとうございました。


emyu.jpg
(こちらがエミューちゃん)


それからエミューの油について自分で調べてみたところ、
「エミューオイル」という呼び名でけっこう美容界に浸透している原料のようです。
特にオーストラリアなどではエミューに馴染みが深く、
国をあげて繁殖と飼育、オイルの生産を管理しているそうです。
もともとは昔からアボリジニの人たちが利用していたとか。


以下はエミューオイル販売サイトより。
----------------------------------------------------------------------------
エミューオイルはどこから採取されるのか?

エミューの肉のまわりにある、エミューのオスの皮下脂肪から採取されます。
エミューのオスには卵を温めるために皮下脂肪だけで、
丸々2ヶ月間一切食事を採らずにすごすのです。
ですから、オスの皮下脂肪には2ヶ月間乗り切るための、
たくさんの栄養素が含まれているんです。

----------------------------------------------------------------------------

皮下脂肪から採取・・・
ど、どうやって採取するんでしょうか・・・

肉を切り取るんでしょうか?
何か管みたいなものを刺して抽出??
あるいは食用に屠殺したものから?



いずれにしろ、ストレスフリーで採取できているとは考えにくいんですが、
ちょっと調べたくらいでは詳しい情報が出てこないので想像するしかありません。

エミューってオスが卵を温めるんですね。
大事な卵を温めるためのエネルギーを、人間が横取り利用しているの?
(というか、そもそも卵を横取りしているんですが・・・)


前回のリス毛ブラシの時も思いましたが、
非人道的な生産方法のものほど、世間では「高級品」とか「良いもの」として何の疑問も抱くことなく浸透しちゃっていますよね。
毛皮とかフォアグラとか、もう・・・悪趣味すぎて引きます。
これはメーカーの責任が大きいですよ・・・。
メーカーは全部わかってて売っているんですから。

あときっと、一般の人の感覚では、エミューは家畜だから、
人間の美容のためにエミューが嫌な思いをしようがどうしようが、どうでもいいんだと思います。

それって、普通のことなのかなあ(;;)

私としては、やはり他に代わりの原料があるならば
動物を苦しめてまできれいになりたいとは思いません。
エミュー、かわいいですから・・・。

アボリジニのように、古来から地産のもので動物を利用してきた事は、もちろんいいと思います。
現代で他にもいろいろ有用なものがあるのに、
わざわざ海を越えてまで遠く離れたオーストラリアのエミューの皮下脂肪を日本人が使う
ってのは不自然
で、私は好きになれないなぁ・・・。


オーガニックを謳っているメーカーさんでも、やっぱり動物問題に関しては意識が低いところが多いですね。
あくまで人間にとって優しいことが目的ということでしょうか。

オーガニックの根本的な考え方がしっかりしていれば、
「環境」というものに動物も入っているという事にたどりつくと思うんですが・・・

画一的に大量に繁殖飼育、搾取して・・・というのはナチュラルなんでしょうか?
生き物本来の、自然という舞台で殺し殺され無限に繋がっていくような・・・そういう中での動物利用でなければ・・・
人間はやりすぎです。


私には買わないという事で意思表示することしかできません!
これからも買わないぞーー!


* * *

こちらもリス毛と同じく、詳しい採取方法がわからないので、
エミューオイルの採取方法について詳しいことを知っている方がおられたら教えてください(^_^)/~









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア

コメント:

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

何も知らない人は
エミュー油の搾取の仕方なんて考えた事ないんだと思います。
リス毛、馬毛、毛皮のとり方も。私もそうだったし。

私は動物実験の事知ってから
動物を傷つけて作られてる物はイヤだな〜って
買う時に色々調べたりしたら
買えない物がたくさんで驚きました。

隠すメーカーも悪いし
知ろうとしない消費者も悪い。

動物実験や動物性原料が全部悪いとは言わないけど
適正飼育、苦痛を与えていない事がはっきり分からないと
買う気になりませんよね。
地味だけど、買わない事でしかアピールできないのがもどかしいけど
私も買わないよ!

Re:KKさん

KKさん、こんにちは!
ほんと私も、買えない物ばかりで最初は驚きましたよ。

たくさん買われるものが残るという世の中の仕組みなので、
悪いものを買い続けると、悪いものが残ってしまう・・・
そのカラクリを、その責任を、消費者としてみんなちゃんと意識してほしい!

食品も日用品も、商品の原料ラベルをきちんと見て、
わからないことは店員さんに聞くことで、買う側が何に興味を持っているかお店に伝えることができます。

そういう人が増えて、街全体の意識が高まって、
みんな余裕ある優しい雰囲気に包まれるといいな~って思います。

私思うんですけど、きっとみんな動物のことまで考える余裕がないんだと思います。
仕事、お金、会社、政治、保険・・・そういう人間社会だけしか持ってない
狭ーい枠組みの中でしか考えていないので、なかなか言葉が通じないです。
もう少し視野を広げて、地球レベルで動いてほしいなあと思います。

とっても草の根的だけど、
いっしょに、買わない運動続けていきましょうね!ありがとうございます!!

No title

こんばんは~。
さっそくお邪魔しにまいりました(日本語が変ですね?苦笑)

エミューは知らなかった!!!!
MIMCは名前は知っていました、「大丈夫そうだな」と思っていたのですが、なんとエミュー油とは・・
教えてくださりありがとうございます!

オーガニック流行りなどもあって、いろいろなものが一見よさそうに見えますが、中身は・・ということけっこうありますね。
でも、選ぶ基準が定まっていると、この大量の商品群の中の一部のものしか選択肢がなくなるので、逆に買い物が楽になった面もあります。
最近はもう御酢とかお塩とか、オイルとか、食べるものを顔や体のケアに使ったりしてます(笑)

草の根運動、私も一員としてがんばります!

Re: ぶ(六福) さん

こんにちは!コメントありがとうございます。

エミューって聞いたときは私も思わず聞き返しました(>_<)
オーガニックと動物福祉は別物って、いい勉強に(?)なりました・・・

お酢!塩!
すてきです!!

そういえば、私も小さい頃は塩でハミガキしていたような。
本来はそういうシンプルな原料で、十分なのかもしれません。
たとえば塩から歯磨き粉に移行する文明開化のときに、その生産にどういう犠牲がついてくるのか、
メーカーは説明してこなかった、そして消費者も興味を持たなかった・・・

古来からの原料を見直して、
すこしは時代を逆行するほうがいいのかもしれませんね。

教えて下さり

初めまして!
先程、楽天市場でエミュー油という物をみつけました。
「何それ?」と思って調べてみたらなんと!エミューちゃんの油なんですね…。
びっくり仰天してしまいました。
動物の油を顔や体にベタベタ塗って…ひえ〜気持ち悪い!人間て変!とか思いながら色々調べていてもエミュー油の採取の仕方なんてどこにものってない!
そして辿り着いたのがこちらのブログでした。
ほんと、どうかしてますよねみんな…。
そんな物を良いとか思って使ってる人、とっても不自然な事してるよーって言いたいです。
それからMIMCにエミュー油が入ってるなんて!
まさにここのチークを使っておりました。
コスメキッチンに売ってるから…なんて安心していた!
ひどいですなんか裏切られた気分。
オーガニックと動物愛護って全くつながっていないんですね。
びっくりしましたほんと。
もっとちゃんと調べないといけないと思いました。
でもすっごく勉強になりました!
ありがとうございました(^-^)

ゴン太ちゃん さん

はじめまして。コメントありがとうございます。
なんだか端的に代弁してもらったようで・・・心強く思います!(^^)

オーガニックと動物愛護がつながっていないということ、
そう、そこです!!

動物愛護って、本当に盲点なんですよね。
普通に生活して、物を買っている人には、そういう不都合な真実はわからないようになっているからです。

結局エミュー油の採取方法は調べきれないままですが、
なにかわかったら教えてください。
こちらこそありがとうございました!





No title

エミューオイルについて調べてこのブログにたどり着きました。
私も動物達に苦痛を与えてまで自分が美しくありたいとは思えないので
そういう化粧品は避けるようにしています。
記事の上のほうに出ているナチュラグラッセさん・・・
下地のほうを使っているのでそちらの記事も読みました。
あと中国に進出している企業についても読みました。
「動物実験はしていません」「毛はカットしています」という言葉だけでは
現実はわからないということ、ほんとうに勉強になりました。
今持っているものについては大切に使わせていただきますが今後は買いません。
買わないということくらいしかできませんが
少しでも人間のために苦しむ動物がいなくなればいいなと思います。

Re: バルカン さん

コメントありがとうございます。

バルカンさんも、動物に苦痛を与える商品は避けてくださってるのですね。
それから色々な記事を読んでくださり、ありがとうございますm(_ _)m

エミューオイル、リス毛、動物実験・・・
私はこういう活動をしているので、これらのワードにはすぐに反応するのですが、
一般の人ってどうなんでしょうかね。

エミューオイル → 保湿力が高い
リス毛 → 本物の毛は高級で価値が高い
動物実験 → 安心、確かな商品

・・・と思っている人が大半な気がして、凹みます。

一人一人が、自分のいいと思った商品を選んで買っていることを、否定することはできません。
でも、もう少し広い視野から見て、
いいと思う判断基準を、ちょっとだけずらしてほしいと思うのです。

伝え方にはいつも苦労します。

そうなんですかΣ(・□・;)

そ、そうなんですかΣ(・□・;)
私も、人間は残酷だし、やりすぎだと思います。
化粧品はきちんと選んで買いたいです

Re: そうなんですかΣ(・□・;)

そうですね、化粧品を選ぶときの基準として、
生産過程で人道的な手法を用いている、ということが判断の決め手になるという人はほとんどいません。
色々な価値観があるのが人間なんですが、
安くて効果が高いという事だけで化粧品を選んでいる人には、少しだけでも弱者に目を向けてほしいと思います。

でも・・・

動物実験なしでは消費者に対して安全性が保障できないのでは?

例えば薬だって、新しい薬が認可されるには臨床試験が必要ですよね?
同じようにパーソナルケア用品も、本来は人間で試験をするべきなんでしょうが、人道上そうもいかないので動物でしているのに過ぎないのでは? 

Animal cruelty って言っても鼠とかですよね? キッチンに鼠出たら退治しませんか? なのに、動物実験は反対というのはちょっとわかりません。 人体実験をしているのなら反対して当然ですが、鼠で実験しても別にいいじゃんと思います。 個人的には、動物実験よりも、中絶のほうがよっぽど残酷だと思います。 だって人ですし。

エミューオイルいいですよ。 オーストラリアでは普通に薬局で売ってます。 (肉もスーパーで売ってますが)。 採取の仕方は普通に肉用に屠殺されたものの、皮の部分をミンチにして煮詰めて精製だと思います。 むしろそれ以外だったら信用できないです。

エミューの屠殺が残酷で、捕鯨がそうではないと考える日本人の頭の中を見てみたいです。

エミューオイル

オーストラリア在住です。

エミューはこちらでは結構メジャーな食肉で、スーパーなんかにも置いてあります。
ですから、エミューオイルに関しても馬油なんかと同じように、食用のものの、あまり利用価値のない
皮膚近くの肉をミンチにして、加熱して、オイルを抽出する、とのことです。

動物性のプロダクトを避けるとなると、靴なんかはどうしてらっしゃるんですか? ベルトは? バッグや鞄は? あまり避けきれるものでもなさそうですが(特にサラリーマンなんかは)。

動物愛護は結構だと思いますが、個人的には、屠殺動物や実験動物の権利なんかよりも、日本の野生動物に対する虐待、例えば、捕鯨、イルカ漁、マグロ漁等々、への働きかけのほうが急務な気もしますが、それに対する働きかけはなにかしていますか?飼育されたものと違って、天然物は数のコントロールが効きません。 いなくなってしまえばそれでおしまいですから。

No title

オーストラリアはカンガルーを大虐殺したんですよね〜。 シーシェパードオーストラリアがあったり変わった国。

初めまして

mimcについてしらべていたら、こちらにたどり着きました、、コスメキッチンのものなので、安心していたのですが、もう一歩しっかり踏み込んで見ていかなきゃいけなかったと思いました。ショックです、、、
非公開コメント

-->
最新記事

全ての記事を表示する

はいけい、にんげんの皆さま。

カテゴリ

プロフィール

にゃんとら

Author:にゃんとら
岡山の猫好き。
犬猫を愛護センターや保健所からレスキューするNPO法人の動物愛護ボランティアに参加。シェルターに犬猫のお世話に行きながら、個人ボランティアとしても情報発信しています。
本職はグラフィックデザイナ~。

ほかにも見てほしいサイト

Twitter

リンク

このサイト内を検索する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

画像や記事の取り扱いについて

・写真/画像の無断使用はご遠慮ください。里親さん探し・動物愛護広報のための使用に際しては、ご一報いただければОKです。

・記事を転載する時はリンクも貼っていただき、記事元の紹介をお願いします。

・リンクはフリーですので、どんどんリンクをお願いします!

重要

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。