スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さようならロクシタン

2013.04.19 01:11|動物との共存を考える
最近は化粧品の記事が多いですが、もうちょっと続きます。
今回は、化粧品の動物実験に反対している方でも見落としがちな、とても重要なことを書きます。

* * *

資生堂の動物実験廃止というニュースには、私たち消費者には嬉しくない、ある条件がついていました。
それは、中国向けの商品については動物実験を受容していくということ。

そして、先日書いたナチュラグラッセの記事に関連して調べていたところ、
ナチュラグラッセも中国に進出していることが判明しました。

中国に進出するということはどういうことか?
中国向けの商品について例外的に動物実験を許し続けるとはどういうことか。

これについてきちんと調べないまま私は勘違いしていたんですが、
いい機会なので詳しく調べてみました。

これは何も、中国向けの商品について日本メーカーが国内で実験を続けるという意味ではなく、
中国向けに商品を輸出する前に、中国の法律で決められた動物実験による審査を、中国当局側で行い、
通過しなければ販売できない
ということだったんです。


* * *

海外メーカーが中国で化粧品を販売するためには、
中華人民共和国国家食品医薬品監督管理局(SFDA)による「輸入化粧品見本検査」にパスする必要があります。
これは、「化粧品衛生行政許可検査規定」に基づき、指定の検査機関が行います。

<指定の機関>
中国疾病予防管理センター環境と健康関連製品安全所
広東省疾病予防管理センター
上海市疾病予防管理センター
北京市疾病予防管理センター
遼寧省疾病予防管理センター
江蘇省疾病予防管理センター
浙江省疾病予防管理センター
四川省疾病予防管理センター
湖北省疾病予防管理センター


----------------------------------------------------------------------
化粧品の申請における検査の内容

 化粧品は一般に微生物検査、衛生科学検査、毒物学安全性検査、人体に対する安全性検査、効果検査を受けなければならない。
検査期間は一般的に2~4ヶ月で、特殊効果のある化粧品は人体に対する試験を行うので期間が長い。

 1 微生物学検査の検査項目は、細菌総数、大腸菌、黄色ブドウ球菌、緑膿菌、真菌および酵母菌などである。

 2 衛生化学検査は、水銀、鉛、ヒ素、などの衛生化学指標の測定、カンタリジン(莞青)、
クロルメチン、チオグリコール酸、性ホルモン、ホルムアルデヒドなど、使用が禁止されているまたは使用が制限されている物質の含有量の測定、および、ph値などその他の測定をする。

 3 毒物学試験について、非特殊用途化粧品は、急性皮膚刺激性テスト、急性眼刺激性テスト、反復皮膚刺激性テストを受けなればならない。
特殊用途化粧品はこれらの試験に加えて、皮膚変容反応テスト、皮膚光毒性テスト、変異原性テスト、in vitro哺乳類細菌染色体奇変テストを受けなければならない。


4 特殊用途化粧品の人体に対する安全性と効果の評価は、人体でのパッチテスト、
人体での試用テスト、SPF値測定、PA値測定、防水性能測定などである。
----------------------------------------------------------------------


3番に書かれている様々な実験を、マウスやラット、ウサギなどを用いて行います。
 
↓ こんなかんじ。(「動物の解放」さんより。かわいそうなウサギとマウスの写真があります)
http://maypat01.blog.fc2.com/blog-entry-31.html

中国での実験のスタンダードがわからないので何とも言えませんが、
犬や猫なども使われている可能性もあります。


これらの検査費用は、申請する海外メーカー側が中国に支払います。
一般に約4000~8000元/品目だそうですが、
特殊な効能のもの、たとえば美乳などは2万元以上、育毛は3万元以上で、
日焼止めはSPF値の試験などが必要な場合4万元くらいになるそうです。
(2013年4月現在、1元=15円くらい)

資生堂は、中国での販売を確保するために、1商品ごとにこれらの検査の申請をし、動物実験費用を支払っています。
要するに、自社の利益のために動物実験を許しているのです。

日本にとって中国市場は莫大です。
中国の化粧品市場を占めている人気の海外メーカーは、

1位 フランス
2位 日本
3位 アメリカ

中国は資生堂にとって「お得意様」。
そうそう手放すわけがなかったのですね・・・


* * *

このように、中国で動物実験を義務づける法律があるということを知ったんですが、
こんなこと、消費者にとっては盲点だと思うのです。

動物実験をしていないと公言しているメーカーも、

もし中国進出しているなら ⇒ つまり動物実験を許容している ⇒ 意味ないじゃん・・・


ということに。
で、調べたら出てきました。

----------------------------------------------------------------------
<せっかく動物実験していないのに中国進出しているメーカー>
----------------------------------------------------------------------
ロクシタン
Yves Rocher
Avon
Revlon
Garnier
ロレアル
ジョンソン&ジョンソン
シャネル
クリニーク
ディオール
Caudalie
エスティーローダー
FCUK
ジバンシー
ランコム
サンローラン
----------------------------------------------------------------------

まだまだ他にもあると思います。
(この情報を載せてくれている記事を見つけ、メーカー名をお借りしました。)



悲しい、本当に悲しい。


ロクシタン、ずっと愛用しています。
とても気に入っていたのに、信じていたのに、悲しくて涙が出ました。

「動物実験をしていますか?」と確認して、「していません」と笑顔で答えてくれて安心して使っていました。
中国の法律を知らなかった私たちが悪いんでしょうか?

動物実験していないことを基準にメーカーを選んでいる事がわかっているのに・・・
中国向けに販売していることを説明する責任はないんでしょうか。

「動物実験しない」ということの本質を何と捉えていたらこんな事ができるのかわかりません。
国内ではしない、自社ではしない、中国の問題だ、とメーカーは言うかもしれないけれど、
これでは不誠実で、消費者をあざ笑っているようにさえ感じます。


さようなら、ロクシタン。
ロクシタンの製品は、今使っているものがなくなり次第、新たに買うのをやめようと思います。
いつも行っていたお店の店員さんには、ちゃんと理由を伝えようと思います。


動物実験しないことの本質を理解し、利益追求だけではなく真に良いメーカーになってほしいです。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア

コメント:

なんだかなぁ。。

中国ねぇ。。はぁ。。e-443

それにしても、動物実験をして人間に大丈夫かなんて、そんな化粧品わたしは使いたくないなぁ。。
一度、Nu-Skin使ってみてくださいな。
あそこは唯一、動物実験をしてない化粧品会社ですから。。
人間で実験してるのは、知ってるけど。。しわとか、しみとか。。

中国人権費が安いからね。。

なんだか、がっかりだね。。

Re: なんだかなぁ。。

そうなんです、がっかりなんです・・・
私も、動物実験をしてまでなんて、そんな化粧品使いたくないです。
みんなはどうなんでしょうね。
知っててどうでもいいのか、知らないのか。

学生時代とか若いころなんて、シャンプーとか化粧品は
安くて華やかなもの、CMをやってるものを何も考えず買っていました。
洗剤や衛生消耗品は親が買ったもの。
その延長で大人になっても何も考えずにいたけど、こんな事知ったらもう変なもの使えません。

もし子供ができたら、うちはちゃんとしたメーカーのものを家に置くようにして
やんわり教育していこう・・・

そぉなんよね(>_<)

私もロン吉を飼い始めた頃、化学薬品をなるべく家で使いたくなくて☆色々調べてたら、動物実験の事を知ってしまって、凄い嫌な気持ちになったの覚えてる☆ 公表されていないダークな事実が沢山世の中にはあるんだなって恐かった☆ 何か人間って皆が皆じゃないけど、動物に対して申し訳ないよね(。´Д⊂)

No title

わかりやすく調べていただいて感謝です。
とても違和感を感じていた部分だったので。
動物たちに、犠牲になってもらって人間が健康に生きていることは
逃げられない真実ですけど、せめて自分の利益だとか美しさだとか、
そんなことでの犠牲はゼロになってほしいです。

Re: そぉなんよね(>_<)

のんちゃんコメントありがとう!
ロン様はお元気??(^。^)

化学薬品を使わないように、というのはすごく優しい気遣いだね!
猫ってお風呂場の水とかも舐めるし、シンクにも入るから、洗剤系には気をつかうよね。

公表されてないダークなこと・・・そう、きっとそっちのほうが多い。
私たちが興味を持たないのも悪いんだけど、
裏でどんなことをしてるか知ってしまうと人間やめたくなるわ・・・。

Re: ゆりっちさん

コメントありがとうございます。
私も資生堂の実験廃止のニュースに喜び、
そのあと「一部の国では・・・」というのを読んで、なにそれどういうことよ?と
腑に落ちないままでした。

本当に美しくなりたい人は、実験のことを知ったら、
買うのをやめると思うんです。
メーカーは横着やズルをせずに、真の美しさへのニーズに応えてほしいです。

こんにちは~

動物実験していないメーカーで、マジックソープ、マジックトナー(化粧水ローズ)がおすすめですよ☆
化粧水は最高ですごく肌が良くなりました!

Re: タイトルなし さん

情報ありがとうございます!
マジックソープ、マジックトナーですね。
検索してみます^^

No title

こんにちは。
先日はコメントの返信ありがとうございました。
ニールズヤードですか♪
以前使用したことがありますが、最近は遠ざかっていましたが、又戻ってみようかな♪
わたしは最近はlushかロゴナが多いです。
にゃんとらさんのおっしゃるように、不誠実な企業が多く、調べれば調べるほど疲れてきてしまって・・・
いろいろ試さないで安心メーカーに落ち着こうという気持ちになりました。笑

わたしは、ロクシタンのような企業のほうが動物実験をしていると謳っている企業より悪質だと思います。
動物実験を行っていると謳っていれば、そもそも購入しないので。
わたしは以前レブロンのファンデを使用していたのですが、たまたま中国進出のニュースを知り問い合せをしたら、やはり回答は実験はしていないとのことでした。中国進出のことをつっこんだら、その後は回答きていません。笑

「小さな命を救いたい」という本をご存じですか?
アメリカに渡った獣医が書いたものなのですが、
日本とアメリカの動物病院の違い、大学での動物実験についても書かれています。
何故こんなひどいことができるんだろうと、読んだあとは胸が痛くなり泣きました(; ;)

No title

こんにちは。またも有益な情報ありがとうございます。
中国進出にともない日本の化粧品会社が動物実験をしてもらうために中国へお金を支払っているとは・・。(ぼったくられていたりして。)

動物実験により、拘束され助けもない絶望の中で恐怖と壮絶な苦痛と戦いながら、もしかしたら一度も太陽の光や風などを感じずに死にゆくワンコやにゃんこ、うさぎ達などが今この瞬間も存在するということを知ってしまうと、もーう、なかったことにはできませんよね。

毎日つかう化粧品や洗剤などに罪悪感を感じないためにも、中国進出している企業のコスメはNGということを私の基準に追加します。

Re: junさん

こんにちは、コメントありがとうございます。

>ロクシタンのような企業のほうが動物実験をしていると謳っている企業より悪質

これはドキッとしました。
おっしゃるとおりかもしれません。
私も愛用していたロクシタンの中国進出を後から知って、お店にやめる理由を伝えに行ったとき
本当は店員さんを責めたかった、「なんで教えてくれなかったの?」と言いたかったです。

お店からしたら、そんなに動物実験のことを真面目に考えている客がいるとは
思ってもみないのでしょうね。

LUSHもたまに買います!実験反対の理念と社会をリードするご活動はすばらしいですよね。
でも牛乳を使っている事が気になるので最近はすこし遠ざかっています。

レブロンは、回答なしという事は、
回答する用意ができていない=そんなこと今まで意識すらしてなかった ということでしょうかね。

ニールズヤード、とても気に入っています。
毎日、野花やハーブの香りに癒されて、まるで心まできれいになるような(^^*)
オーガニックなので、農薬が環境や生物に与えている悪影響の事も
気にしなくていいです。


「小さな命を救いたい」
読んだ事はありませんが、評価が高そうな本ですね。
ぜひ読んでみたいです!
実験についても書かれているんですね。
化粧品の実験だけでなく医療系の動物実験のことになると、私は言葉を失ってしまいます。
この世で一番、おぞましく酷いことだと思っています。
その存在と正当性を認めてしまっている人間社会が怖くて仕方ありません。

Re: リイコ さん

いつもコメントありがとうございます。

動物実験については、おっしゃるとおりです・・・

私たちが何不自由なく暮らし、笑って、ごはんを食べて、
きれいなトイレで排泄して、ふかふかのベッドで眠る時・・・

ウサギは閉じられない目に化粧品を流し入れられ、にゃんこは脳をむき出しで残酷に使われ、
大人しいビーグル犬は一生出られない檻の中で切り刻まれているんです。

その子たちの存在を、なかった事には絶対にできません。
私たちにできる確実なことは、そんな悪魔のような実験をしているメーカーの商品にお金を使わないこと。

今、何気なく化粧品や薬を買っている方たちにも、真実を直視した上で、
答えを出していただきたいですね。

化粧品について、
中国進出は、巧妙に隠された「動物実験OK」のサインだと思います。
資生堂などは国内の実験を廃止しただけでも、大した努力だとは思いますが、
そこで歩みを止めてほしくないので、中国で実験に使われる動物のためにも、
私は厳しい態度でいたいと思います。

私も動物実験の実態を知ってからはしていないものを選ぶようになりました。

物一つ買うだけでも調べるのに一苦労しますよね(T^T)

Imy結構おすすめですよ!(*^ω^*)

Re: さやかさん

さやかさん、コメントありがとうございます。
ほんとに買い物苦労しますよね。

まずはネットで実験の有無を情報提供してくれている記事がないか調べ、
わからなければメーカーに直接問い合わたり。

私などは動物性原料も全てNGとしているので、
店頭では商品のラベルの原材料を全て見て、疑わしい原料については店員に聞き・・・・と、
ひとつ買うにもなかなか大変です(>_<;)

Cruelty Freeマークとか、ウサギのマークとか、VEGANマークがついていたり、
「動物性原料不使用」と表記があるものは本当に助かります。
見かけたら嬉しくて、飛びつくように買います!
Imyですね、ありがとうございます、また見てみます。

No title

すごい!中国の動物実験について調べていたときに運よく見つけました。
ありがとうございます!!これらの情報はどこから手にはいったのでしょうか?
調べるのに大変だったと思います。

私は中国の輸入については、中国内で使われていない新規の成分を含有して
いる場合のみ、検査を行うのだと思っていました。
でも、違うのですね。たとえ全てが中国で承認されている化粧品原料で
あっても、新たに検査する…(きっと全成分の申告に虚偽があったら困る
からなのでしょうが、しなくてよい実験をするなんてひどい!)
中国に進出しているメーカーはすべて、苦しむ動物をわざわざ増やしている
ことになりますね…本当にショックです。。

そういえば、韓国も中国と同じ…と聞いたことがあります。
どうなんでしょうか?私も調べたいのですがどうやって検索すればわかるでしょうか。

Re: くまりん さん

こんにちは!コメントありがとうございます。

中国の動物実験についての詳細は、
「中国 化粧品 輸出方法」などで検索すれば、いろいろ出てきます。

ポイントは、動物愛護という視点からではなく、中国に化粧品を輸出したい!という
企業や個人事業主の視点で調べることでしょうか^^;

中国に化粧品を輸出するにはどうすればよいかという、売り手の立場になって調べてみると、
動物愛護なんておかまいなしの、お金儲けのための手段がわんさか出てきますから、
この世にはいろいろな考えの人がいて経済を動かしたりお金設けしているんだなーと、
視野が広がるというか・・・まあ情けなくなります。

韓国もそうなんですか??
私も詳しくないので、また調べてみますね。
良い情報があれば教えてください(^_^)/~

こんにちはw

色々~ggっててたどり着きましたwww

ロクシタン・・・知らなかった・・・(つд⊂)
動物実験してないってことで使ってたのにぃ。
チョットがっかり・・・( ̄Д ̄;;

でも最近は、なんとなく「LASH」にシフトしてたので
もしかしたら、それは虫の知らせだったのかなって感じです。

本当に人間は欲のためだったら
なんでもするんだなーって。
儲けるために事業をしてるんだろうけど
そんなことしなくったってやっていけるはずなのに。
そのために奪われる命をなんと思ってるんだろう。
いろんな種類の(?)人間がいるから
なかなか折り合いがつかないんだよなー。
世界中の人が、みんな同じ気持ちだったら
本当に素敵な世界になるんだけど・・・。
密猟者にしても、毛皮業者にしても
買う人がいるから「売れる」「おいしい商売」になるんだよなー。


地球は人間のものじゃないんだけど・・・。
地球っていう惑星に寄生した「人間」っていう史上最悪の生き物は
どこに向かっていくんだろう。
何億年も後になって、「かつて人間という生き物のために
地球上の生物は滅びた」って語られるのかな?

Re: こんにちはw

まゆさんこんにちは、コメントありがとうございます。
世界には本当にいろんな価値観がありますね。
自然を愛する人、他人に優しい人、欲張りすぎない人、
そんな価値観しかなかったら、動物虐待も戦争も起こらないのになあと思います。

何億年も後になっても、
人間はとても頭がいいので、他の生き物も絶滅しない程度に巧妙に搾取し続けて、
生きながらえていそうな気がします。
ほんと、いっそのこと人間という生き物も含め全てが滅びたらまだマシなんじゃないかと
思ってしまうほど、異様なまでの動物虐待の現実がありますね。
どうか生き物すべてに自由な暮らしを。
動物たちにも光があたりますように。

動物実験している会社リスト 2013年版

ロクシタンが動物実験しているかどうかを調べていてちょうどこちらのHPに来ました。

アメリカのPETAという動物愛護団体をご存知でしょうか。
アメリカ版の動物実験をしている&していない企業リストがあったので、貼っておきます。
かなり正確で最新のものですので、是非広く回覧してください。
もちろん全文英語ですが、社名・ブランド・ライン名は日本人にもなじみの多いものばかりなので読めるでしょう。

<動物実験している企業リスト>
※無回答(白とも黒ともいえない、いわゆるグレーゾーン)だった企業はこのリストに載っていません。
しかし、こういうところは大抵実験しているので、名前が載っていないからといって安心できません。
http://www.mediapeta.com/peta/PDF/companiesdotest.pdf

<動物実験していない企業リスト>
ここに名前があれば、現時点ではひとまず安心ということになるでしょう。
ただし、例えばP&G、ロレアル、ジョンソンエンドジョンソンのような大企業が親会社の商品ライン、ブランドは要注意です。
馴染みのある例でいえば、かつてザ・ボディ・ショップは動物実験反対のポリシーが売りでしたが、今ではロレアル社の傘下にあります。
仮にボディショップが実験していないとしても、私たちが買った商品の収益は親会社であるロレアルに貢献していることになります。
http://www.mediapeta.com/peta/PDF/companiesdonttest.pdf


リストから特定の企業を(英語で)探したい場合は、Ctrlキー+Fキーで検索できます。
以上、是非参考にしてください。

No title

ちなみに先ほどのコメントは私が書いたので、転送、コピーなんでもフリーです。
どんどん広めてください。

Re: 動物実験している会社リスト 2013年版

通りすがりさん、貴重な情報をありがとうございます!
PETAは知っていますが、こちらのリストを見たのは初めてでした。

ボディショップやオルビスなどは、親会社が動物実験しているので私は避けています。
ただボディショップは実験反対のアクションを大々的に掲げて頑張っている会社さんですから、
応援もしたいような、複雑な気持ちになりますね・・・。
リスト、またじっくり見てみようと思います。
文章のコピペ許可もありがとうございます!
FBなどでも投稿したいと思います。

すみません、長くなります…!

中国の件は化粧品の動物実験に反対している人でもまだまだ知らない人がたくさんいると
思うので、記事とってもためになります!ざっと調べましたが韓国の法律は
新規成分の場合に動物実験が必須となるようです
(医薬部外品も…とあったのですがこれはすべてが対象となるのかは??)

中国の件について、日本のメーカーに問い合わせたところ、
中国製品に動物実験をしていること、当の企業さえも知らないところが大半でした!
代行業者を介している(中国国内の法人でなければ申請を行うことができない)ためだと
思われますが、間接的にでも、自分たちがやってる事を知らないなんて…ふざけてますよね。

https://www.youtube.com/watch?v=Qp0A4jULlYQ
こちらから中国で行われてる試験と同様の眼刺激性試験と、皮膚刺激性試験の動画が見れます。
ちなみに、中国のスタンダードはウサギです。

JAVAコスメガイドの「動物実験していないメーカー」に入っているメーカーも、
中国輸出を行っている企業がいるので要注意です(きっと、今後の最新版で訂正されるはず)
まだまだあるとは思いますが、よく知られる有名なメーカーを上げておきます。

資生堂などの大手メーカーすべて
牛乳石鹸
無印良品
ロクシタン
レブロン
エイボン
ナリス化粧品
ウテナ化粧品
ちふれ
大島椿
オルビス(中国通販のみ)
ドクターシーラボ
DHC
日本オリーブ
伊勢半(中国製のみ)
ジュジュ化粧品
シュウウエムラ
ハナコメディカル
ファンケル
マリアンボレ
山田養蜂場
和光堂

日本オリーブとDHCには、(意図的に)無視されました。電話で聞いてみたいと思ってます。
中国とは関係ないですが、ドクターシーラボは原料メーカーの動物実験にも留意している
と言いながら、動物実験を行った原料を採用(大学と共同開発)してます。完全な嘘吐きでした。
http://www.ci-labo.com/shopping/product/00023104/
http://www.jst.go.jp/pr/info/info864/

ロクシタンにしろ、動物実験してませんってまるでポリシーの様に答えていたメーカーは
なんなんでしょう…本当、裏切りに涙が出ます。。

日本で実験はしてなくても、中国での実験を増やしてるなら、応援出来ないですよね…。
私もこれらのメーカーに厳しい態度でありたいと思います。
消費者が声を上げる事がいかに大切か、今回問い合わせして実感しました…
上記企業に中国製品について複数の人が問い合わせしたら変わってくれるかな…。
ホント自覚だけでもしてほしい…

中国の件を広めるためにも私もいずれ記事をアップしたいです。
その際ににゃんとらさんの文章使わせて貰ってよいでしょうか?
(とても伝わりやすく書いてくださって感謝!m(_ _)m)

【今回書いた私のコメント・情報はどなたでも自由に転載してどんどん広めてください!!】

Re: すみません、長くなります…!

くまりんさん、大切な情報をありがとうございます!

無印もそうなんですか~
毛皮を廃止してくれたメーカーなので、個人的には持ち上げていたんですが。

私もJAVAのコスメガイドを持っていますが、
今後は中国進出しているかどうかも分けて記載してもらえたら助かりますね。
あと、実験していなくても動物性の原料を使っているかどうかもあれば、完璧です。

いろんな経済事情とか、お国事情があって、皆さんそれぞれにされているんだとは思いますが、
私は消費者として、また地球の一員として、自分に合った商品を選ぶだけです。
他の方々にもそうあってほしいと願います。
美しくありたいから、ちゃんと社会問題も考えられる大人の女性でいたいですね。

ドクターシーラボの資料を読みました。
「動物実験」という文言が入っていますね。
こういう文章にはたいてい、動物実験に使った動物の種類と実験内容も書かれているものなんですが、記載がないですね・・・しているならちゃんと書いてほし~(^^;)
「ヒト」での実験内容はたくさん書かれていますね。
動物細胞を用いているような事を書いていますので、生体そのものではなく細胞分裂させたリソースを使っている、という意味での動物実験なのかもしれませんね。


くまりんさんの記事に、私の文章など、どうぞご自由にお使いくださいね(^^)
動物のためになることならお構いなく、お願いいたします。

びっくりなニュース

先日書き込みしたばかりですが‥中国の件について速報・朗報です!
5日前に公表されたばかりなのですが、
「中国当局が化粧品の動物実験を廃止する」という驚きのニュースが!!
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/131115/prl13111510480017-n1.htm

海外の動物福祉団体が粘り強い働きかけを行ったとか‥さすが。。
とても喜ばしい事です!!
ただ、記事からは化粧品とあり、医薬部外品は例外になるのか
詳しくわかりません。来年の廃止に向けて取り組み中との事なので、
今後明らかになると思います。
もし例外があれば引き続き日本の企業に働きかける必要あります。
その際はにゃんとらさんの文章、使わせてください^^

はじめまして

にゃんとらさん、こんにちは。まりあと申します。ブラシに使用される毛について調べていましたらこちらにたどり着きました。

中国で輸入コスメを販売する条件に動物実験があると言う事を公的な機関などで確認したいのですが何処で確認できるか教えていただきたくコメントいたしました。

その事とは少し離れるのですが私はナチュラグラッセの表記に疑問を持った事があります。
今回こちらの記事を読んでネイチャーズウエイ(ナチュラグラッセ取り扱い会社)に問い合わせたい事がありますのでお手まで無ければ教えていただけないでしょうか?

Re: びっくりなニュース

くまりんさん、いつもありがとうございます^^

ほんと、ビッグニュースですね!
リンク先のニュースをFBに投稿させていただきました。

私の文章など、ほんとにどうぞどうぞご自由にお使いください。
ありがとうございます!

Re: はじめまして

まりあさん、コメントありがとうございます。

私が参考にしたサイトは、

・日本貿易振興機構「JETRO」中国向け輸出
http://www.jetro.go.jp/world/asia/cn/qa/01/04A-030115

あとは個人の方のブログなどです。

また、追加で以下のページを発見しました。

・独立行政法人国立健康・栄養研究所内の「健康食品情報プロジェクト」によって運用しているサイト
「HFnet」が提供している中国の法律を翻訳したものです。
「動物実験」と明記されています。
https://hfnet.nih.go.jp/usr/annzenn/ChinaSFDA_20050822.pdf


ナチュラグラッセさんへの問い合わせは、
サイトのフォームからしました。

・ナチュラグラッセ問い合わせフォーム
https://www.naturaglace.jp/faq/tabid/65/Default.aspx

その後のやりとりは、担当者さんのメールアドレスから来ましたが、
私の担当者さんが全ての担当ではないと思いますので、
まずはフォームから問い合わせしてみてはいかがでしょうか?

ネイチャーズウェイさん本体のほうも、検索すれば出てくると思います。

よろしくお願いいたします!

ありがとうございます

にゃんとら様こんばんは。

丁寧なお返事をありがとうございました。
さっそく確認してみたいと思います。

重ねてありがとうございました。
寒くなってきていますのであったかくして過ごされてくださいね。

ああ、レスは不要です!

動物実験完全廃止にして欲しい(><)

動物実験を廃止‼︎って公言するなら、完全廃止にして欲しいです泣
他の国はもうとっくに廃止したり禁止したりしてるのに・・・
日本も、もっと動物に対して優しくならないといつか自分の身に返ってくるのにね。動物実験を知らない人が多いのはすごく悲しい泣泣もっと知ってほしいです汗

Re: 動物実験完全廃止にして欲しい(><)

ほんと、皆さんに知ってほしいです。
ペットの殺処分と同じで、皆さん知っていても、はっきりとそこにピントを合わせようとしないんですね。
もうすでに、人間に返ってきていると思います・・・
自殺者がこんなに多い国もないでしょう。鬱や精神疾患の患者さんがとても多いです。
動物を虐待しながら自分の命が成り立っていると知ったら、私だっておかしくなりそうです。
動物実験のことを知らないで生きている人にも、この残酷な社会の仕組みは、
何かしら影を落としていると思います。

質問なのですが、台北 台湾 香港 も動物実験は必須なのでしょうか?

そうだったんだ...。
動物実験をしていないと聞いてたので
購入を考えていたのですが...残念です>_<
何か動物実験のしていないオススメメーカーさんなど教えて欲しいです(^O^)

心から同意します

はじめまして。
わたしもシャネルが動物実験していないか確認した時に、中国進出の意味するところを知って衝撃を受けました。
(中国市場以外では)してないって返信、ズルいですよね。わたしもそれで諦めた化粧品いっぱいあります。でもどうしてもシャネルがほしくて、複雑な気持ちで買いました。

資生堂は2016年4月に一部実験フリーになったので、消費者の気持ちと団体の努力が実って嬉しかったです。一部でもいいから早急にやめてほしいです。

どこかのハイブランドのお偉い方も
ブランド理念を曲げて中国進出するなんて間違ってるって言っていました。
どこのブランドか忘れましたが…

要は雑誌のおまけに手を出したら
抜けられない、雑誌として終わり、のようなニュアンスでした。
(雑誌編集者の方の記事で知りましたが、雑誌業界ではおまけをそういう風に解釈しているそうです。)

最近はジバンシィ気になっていましたが
この記事でジバンシィもシャネルと同じかぁってがっかりしました。

やっぱり、ちょっと心地悪いですよね。

こちらの記事、わたしも激しく同意しておりまして、シェアしてもよろしいでしょうか。
Facebookで友人向けにシェアしたいです。

わたしも朝からジバンシィで思わず涙が出てしまいました。ひどいですよね。胸が痛みます。

まきさんへ

何年も放置しているブログにたどりついてくださりありがとうございます。
2017の今、各メーカーがどのように変わっているか調べていませんので、
今となっては、ちょっと無責任な記事かもしれません。
シェアはご自由にお願いします^^
2013年当時の記事として参考までに考えていただけると助かりますが、動物実験廃止への啓発にはなるかもしれませんから。
よろしくお願いいたします。
非公開コメント

-->
最新記事

全ての記事を表示する

はいけい、にんげんの皆さま。

カテゴリ

プロフィール

にゃんとら

Author:にゃんとら
岡山の猫好き。
犬猫を愛護センターや保健所からレスキューするNPO法人の動物愛護ボランティアに参加。シェルターに犬猫のお世話に行きながら、個人ボランティアとしても情報発信しています。
本職はグラフィックデザイナ~。

ほかにも見てほしいサイト

Twitter

リンク

このサイト内を検索する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

画像や記事の取り扱いについて

・写真/画像の無断使用はご遠慮ください。里親さん探し・動物愛護広報のための使用に際しては、ご一報いただければОKです。

・記事を転載する時はリンクも貼っていただき、記事元の紹介をお願いします。

・リンクはフリーですので、どんどんリンクをお願いします!

重要

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。