スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山市動物愛護条例改正のパブコメ結果

2013.08.01 18:41|岡山の動物行政
岡山市動物愛護条例改正へのパブコメ結果が発表されました。
パブコメ総数は33件でした。
これが多いのか少ないのか・・・いや少ないと思うのですが、どうなんでしょうか。

市への多くの意見・要望は、国の法律である動物愛護法に抵触するという理由で
市としてはどうしようもありません、というような回答で、
当たり前なのですが、なんだか残念な結果でした。

そもそも今回のパブコメでは、

1) 飼い主に捨てられた犬猫だけでなく、
迷子や怪我で収容された犬猫についても譲渡できるようにしたいですが、どうですか?


2) 危険な動物が逃げた時、飼い主はちゃんとした対処を
するよう義務づけたいですが、どうですか?


という、なんとも答えの明白な2点についてのみ意見を募集していました。


良い機会なので条例全体を読み通して、疑問点や要望をまとめて提出した、
現場ボランティアや一部市民の熱い思いは当然のように反映されず。
私も、愛護法に抵触しない部分、市だけで変えられる部分でも要望を出したつもりですが、
そんな少数の意見で市の条例が変わるはずもないのでしょうか。

結果、改正された条例は、

・「ねこ」という表記を「猫」に変えた。(国の動物愛護法に準じた)
・飼い主が保健所に持ち込んだ犬猫だけでなく、迷子や怪我で収容された犬猫についても譲渡できるようになった。
・特定動物の飼い主に、逸走時・災害時の適切な措置を義務付けた。


この3点のみでした。

様々な団体や職業グループの利害が混線している動物愛護の問題は、
一筋縄ではいかないのが当たり前・・・
どのような結果であれ、結果を受けて行動し続けるしかありません。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
パブリックコメントの結果
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1 実施機関 4月2日~5月1日まで

2 意見募集状況

市HP 15件
メール18件
書簡0件
合計33件

3 意見内容(複数回答)

・ ペットの生体販売禁止を条例に盛り込んでほしい。  10件
・ 飼い主による避妊・去勢措置の義務化。4件
・ 飼い主のペットへのマイクロチップ義務化。3件
・ 多頭飼育の数の制限。2件
・ 負傷動物の応急措置に関すること。2件
・ 条例案に賛成。4件

4 まとめ

・ 動物愛護行政に関するご意見
   殺処分を無くしてほしい。
   猫の飼育舎を確保してほしい。
   動物取扱業の監視強化。
   動物虐待防止。 等


岡山市動物の愛護及び管理に関する条例の
パブリックコメントの結果について


 今回、本条例改正案の概要に関しては、概ね賛成の意見が多いよう
であった。

 その他の意見の多数は、「動物の愛護及び管理に関する法律」で
規制するか検討している内容であり、今後も本法律で規制されるかを
国の審議会等で継続審議されているので、国の動向を注視していきたい。

 動物愛護行政に関する意見については、今後の業務の運用に参考としていきたい。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<条例> 改正された部分
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

平成25年7月2日
岡山市条例第27号

岡山市動物の愛護及び管理に関する条例の一部を改正する条例をここに公布する。
岡山市長

  岡山市動物の愛護及び管理に関する条例の一部を改正する条例
 岡山市動物の愛護及び管理に関する条例(平成13年市条例第41号)の一部を次のように改正する。

 本則(第25条を除く。)中「ねこ」を「猫」に改める。

 第25条の見出し中「ねこ」を「猫」に改め,同条第1項中「第21条第1項」の次に「若しくは第2項」を加え,「又はねこ」を「若しくは猫又は前条第3項の規定により処分することができることとなった野犬等」に改める。

 第28条を次のように改める。

 (緊急時の措置)

 第28条 法 第26条第1項の特定動物(以下この条において「特定動物」という。)の飼い主は,その飼養する特定動物が飼養施設から逸走したときは,直ちにその旨を保 健所長及び警察官に通報するとともに,付近の住民に周知させ,当該特定動物を捕獲する等特定動物による人の生命,身体又は財産に対する侵害を防止するため 必要な措置を採らなければならない。

 2 特定動物の飼い主は,地震,火災その他の災害が発生したときは,特定動物の逸走を防止するための措置その他応急措置を実施し,特定動物による人の生命,身体又は財産に対する侵害を防止しなければならない。


  附 則

 この条例は,平成25年9月1日から施行する。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<施行規則> 改正された部分
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

平成25年7月26日
岡山市規則第185号

岡山市動物の愛護及び管理に関する条例施行規則の一部を改正する規則を次のように定める。
岡山市長 髙谷茂男

  岡山市動物の愛護及び管理に関する条例施行規則の一部を改正する規則

 岡山市動物の愛護及び管理に関する条例施行規則(平成13年市規則第214号)の一部を次のように改正する。

 本則中「ねこ」を「猫」に改める。

 様式第9号中「岡山市保健所長」を「岡山市長」に改める。

 様式第10号及び様式11号中「ねこ」を「猫」に,「岡山市保健所長」を「岡山市長」に改める。

 様式第14号及び様式15号中「ねこ」を「猫」に改める。

  附 則


 この規則は,平成25年9月1日から施行する。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア

コメント:

非公開コメント

-->
最新記事

全ての記事を表示する

はいけい、にんげんの皆さま。

カテゴリ

プロフィール

にゃんとら

Author:にゃんとら
岡山の猫好き。
犬猫を愛護センターや保健所からレスキューするNPO法人の動物愛護ボランティアに参加。シェルターに犬猫のお世話に行きながら、個人ボランティアとしても情報発信しています。
本職はグラフィックデザイナ~。

ほかにも見てほしいサイト

Twitter

リンク

このサイト内を検索する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

画像や記事の取り扱いについて

・写真/画像の無断使用はご遠慮ください。里親さん探し・動物愛護広報のための使用に際しては、ご一報いただければОKです。

・記事を転載する時はリンクも貼っていただき、記事元の紹介をお願いします。

・リンクはフリーですので、どんどんリンクをお願いします!

重要

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。