スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山初!県 × 市 × 議員 × ボランティア

2014.02.26 15:19|岡山の動物行政
2014年2月23日、かねてから皆で準備を進めてきた新年会が開催されました。
ただの新年会ではありません。

県 × 市 × 議員 × ボランティア


総勢40名余りによる、岡山の犬猫殺処分数削減&安楽死への移行に向けての、
キックオフ集会のような素敵な会になりました!

bb.jpg


今回の集会の何が一番すごいかと言うと
岡山の動物行政を司る3つの行政うち、
「岡山県動物愛護センター」と「岡山市保健所」という2つの行政が同席してくださった事です。

これまでは、「岡山県」と、政令指定都市「岡山市」は、管轄が違うため「別世界」とされてきました。
オブザーバーとしてではなく、当事者として両者がこのように、
ボランティアとも顔をつき合わせて交流してくださった事は、前例のないこと!

たぶん 「岡山初」 です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
参加者・内容
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(順不同で失礼します)

<行政から>

岡山県動物愛護センター 天野課長
岡山市保健所 永山所長

<議員さん>

岡山県議会 山田総一郎議員
岡山県議会 若井たつ子議員
岡山市議会 松田やすよし議員
岡山市議会 中原淑子議員
倉敷市議会 新垣敦子議員

<ボランティア>

スマイルプロジェクト
幸せの架橋 in 岡山
わんこレスキュー
NPO法人 犬猫愛護会 わんぱーく
and more・・・

1 開会あいさつ
2 山田議員よりご挨拶
3 団体紹介 わんぱーく、幸せの架橋、わんこレスキュー
4 岡山県動物愛護センター 天野課長よりご感想
5 各チームよりお世話になっている方々へ感謝状贈呈
5 団体紹介 タグファーツ、スマイルプロジェクト
6 意見交換会
7 岡山市保健所 永山所長よりご挨拶
8 出席議員の皆さんよりご挨拶
9 閉会

参加費 1000円
お菓子と飲み物代を引いたお金は、愛護センターへ犬の防寒対策のために
バスマットを寄付、それから譲渡会のチラシ印刷費用に使用します。

gg.jpg
(午前中に譲渡会があったため、ついでにオブザーバーとして出席したセビーとムーミン)

ff.jpg
1393392762227.jpg
(感謝状贈呈)



団体紹介では各団体のプロモーションムービーを参加者の皆様に観ていただきました。

◆わんぱーく
殺処分の現状とシェルター活動

2011年放映 西日本放送news everyより

◆幸せの架橋
子供への動物愛護教育

「~未来に咲かせる花~」

◆わんこレスキュー

適切な飼育環境、丁寧な譲渡

「~幸せのための譲渡~」

◆タグファーツ
ドッグライフを楽しむために

「ドッグトレーナー長尾毅 ~トレーニングをすればお利口に!~」

◆スマイルプロジェクト

多様なボランティアの形

「~犬と人を愛するあなたを応援!~」

1393392821916a.jpg

20140226_144109_201402261453246ae.jpg
(わんレスさんPVより)



おいしいお菓子や、かわいい目次カードや
受付の準備、来賓の方との調整、感謝状、プロモムービーなどなど・・・

この日のために各チームのボランティアが、
いそがしい日常の合間を縫って準備を進めてきた事が実り
こうして当日を迎えることができて、感無量です。

1393209915317.jpg1393209944188.jpg



実はムービー制作を私が担当させていただいたのですが、
各チームの代表さんたちが素晴らしい文章とコンテをくださいました。
そこから意図をくみ取りながら、アレンジしつつ動画を作っていくのですが、
制作中にわかったことがあります。

ボランティアがどれほどの思いで日々の活動をしているか。

淡々とこなしているように見えるかもしれませんが、

あらゆるジレンマを抱えながら、吐き出す事もせず、いえ、吐き出す時間も余裕もなく
また次の事に直面し解決していく
ということを、

皆さん仕事も家庭もボランティアもすべて両立しながらこなしています。
それでも希望を持って命と向き合っているということ。

そんな事は原稿には書いていません。
でも、制作していると、そういう事が伝わってきました。

私が所属してるチームだけでなく、他のチームの皆さんの、
活動への想いを知ることができる貴重な体験をさせていただきました。

私が制作中に感じた事を、5分間のムービーを初めて見た人に果たして伝えきれているのか、
そういう作品にできていたかな・・・という事だけが気がかりです。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
意見交換会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


意見交換会では安楽死への移行について、アニマルポリスについて、などを話しました。


◆安楽死について

<岡山市保健所、永山さん>
岡山の3行政同意のもと、安楽死への移行を検討している。
他県への視察なども今後していく。
今の処分方法のままではだめだと思っている。

<若井議員> 

吸入麻酔剤「セボフルラン」の導入について。
議会での質問において、保健福祉部長より「処分数減れば、方法を変えることができる」との答弁。



◆アニマルポリスについて


<わんぱーく 茶本代表>

2014年1月6日より開始された兵庫県のアニマルポリスホットラインに倣い、岡山でも導入検討を。
兵庫の例では、悪徳商法ホットライン(生活経済課)の担当3人があらたに動物の事を勉強して運営しているそうで、
特別な予算組がなくとも、現場のやる気次第で実現可能なことを示している。
また、実現には議員の後押しがあったそうなので、岡山でも議員の先生方に後押しをお願いしたい。
兵庫ではその窓口に、1日に10件ほどの電話がある。

1393392797117a.jpg


<山田議員>
県議会での質問では、アニマルポリスについても質問したが、
答弁では、動物虐待の通報窓口は岡山県動物愛護センターや地区の警察署となっ
ていること、現状ではその「窓口の周知に努める」とだけ回答があった。
(近々、議事録が公開されるのでチェックしてほしい)
現状ではアニマルポリスというところまで至らない。
兵庫県の例を受け、岡山ではどこの課が担当できる可能性があるか調べたい。

cc.jpg
(山田先生の議会質問について関連記事)


◆その他の意見交換 & 会の進行中に話題にのぼった事など

<スマイルプロジェクト 清水代表(主催)>
岡山県動物愛護推進計画へのパブリックコメントについて、
今回2300件余り(300人余り)の意見が集まり、関心の高さを表している。
昨今では犬猫だけでなく、イノシシやシカなど害獣問題のこともあり、
同じ命、動物と人との共生を考えていく必要がある。

ee.jpg


<岡山県動物愛護センター 天野さん>

2013年9月法改正以降の引取り数減少の実績について。

【2013年】
9月  犬=2 猫=0
10月 犬=0 猫=1
11月 犬=5 猫=8
12月 犬=1 猫=11

【2014年】
1月 犬=0 猫=0

このようにかなり減少している。1度目の持込みは完全に拒否。
(そのぶん放浪犬の収容が増えているのではという意見に対し) ⇒放浪収容犬も減少している。
リピーターへの指導も、現地に赴いたりと強化している。(これは2013年9月以前からやっている)

1393392848810a.jpg

収容施設の環境について、犬の防寒対策として寄付のバスマット(浴室マット)を取り入れている。

1393392828612.jpg


<岡山市保健所 永山さん>
人とペットの共生について、多頭飼育崩壊の案件などがあり、犬猫の事に関わる時に
同時に人間の心の問題にも関わっている事を実感している。
これからは、そういった事にも目を向けていく必要性を感じている。
地域猫に関して、賛否両論あるが現時点で最善の方法。地域住民の理解を促したい。

aa.jpg

<水内トレーナー>
遺棄や、放浪犬など、保護犬の理由は、しつけができていないことによる人間との共生失敗や、逃走である。
逃走した犬については、飼い主は「犬だから帰ってくる」と思っている事が多いが、大間違い。
室内飼いで散歩しなかったり、外に繋ぎっぱなしのような飼い方では、犬は自分の家の場所を認識できていない。
飼い主さんにお願いしたいのは、毎日散歩に連れていき、家の周りをくまなく歩いて、犬に自分の家の場所を覚えさせること。


<中原議員>
ボランティアの皆さんの熱意がとても伝わってくる。
岡山天然記念物アユモドキの保護について、農家との対話をとおして相互理解に至る経験をした。
動物愛護についても対話によって、色々な立場の人でも理解が深まるものと思う。


<松田議員>
震災対策について。
岡山市内の避難所に食糧を備蓄しているが、そこにペットフードが入っていないので入れるように働きかけたい。
岡山市民60万人、流動人口(市外から働きに来ている人など)合わせると160万人もいる。
どこで被災するかわからない状況なので、ペットの置き場については避難所ごとにその場に集まった人たちでルールを決める必要がある。


<新垣議員>
2月5日に倉敷市で動物愛護推進会議が行われ、出席した。
(議員・ボランティア・倉敷市保健所が出席)
実は犬は苦手だが、保健福祉部を担当しているので、これからも頑張っていきたい。

1393392804889a.jpg



* * *

会場は、主催の清水さんの軽快かつスマートな司会のおかげで、
緊張するような事もなく、ざっくばらんな良い会となりました。

このあと若井先生に閉会のお言葉をいただき、
最後にみんなで起立!三三七拍子で締めくくりとなりました。

会が終了したあとも、参加者の皆さんで立ち話でわいわい盛り上がり、
愛護センターの天野さん、保健所の永山さんをはじめ、
議員の先生方も残ってお話を聞いてくださったり、
みなさんとてもフレンドリーで活気のある会場でした。

hh.jpg
(子犬を見て抱っこしたいと、山田先生。いい笑顔です!)


こんな良い会ができたのは、
岡山で活躍する各チームのボランティアの皆さんの連携のたまものです。
そして一番の功労者は、なんといっても、そんなふうに繋げてくれている
スマイルプロジェクト清水さんですね。

仲間の皆さんのおかげで、実りのある啓発活動が実現できています。
本当にありがとうございます。
これからも力を合わせて頑張っていきましょうね!!









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア

コメント:

幸せな動物たちが増えていくのを願います^_^

すみません、この間から急にコメントし始めてしまって汗
犬猫の引き取り数が減ってきているのは、とても良い(本来ならもとから引き取られなければならない、捨て犬猫がいるのはおかしいですが汗)ことだと思います^_^
私も以前、近くの保険所に見学に行きましたが、そこの人のお話によると、やはり、引き取り数は減ってきているそうです^_^しかし、私が見せていただいた、犬猫が引き取られて管理されている場所には、数匹・・・より少し多いくらいの数の犬猫が、檻の中にいました。また、見せてはもらえなかった奥の部屋の方から、多くの犬たちが、必死に吠えている声が、やたらと聞こえてきて、「引き取られる犬の数が減ってきているにしても、まだまだその数は多いのが、現実なんじゃないのかなあ・・・」と思いました。
また、
少し前に、お出かけした帰り道に、ペット直売所が、通りざかりに見えたので、少し気になって、行ってみたんです。そうしたら、たくさんの犬たちが、ゲージの中に入れられていて、その分、犬たちの鳴き声などもすごく耳に響いてきて、なんだかかわいそうに思えてきました。何故か、奥の部屋の犬たちは見せてもらえなかったですが、何故だろうと不思議に思ったりもしました。
全ての動物たちが、いつか、いや、一刻でも早く、幸せに暮らせる日が来るように、私も、できることから努力したいです^_^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

鍵コメントさん

こんにちは。
岡山県動物愛護センターの記事をシェアしていただき、ありがとうございます。
あの記事は、意識の低い飼い主のせいで、かわいい犬猫たちがどういう末路を辿るのか、
みなさんに現実を知っていただきたく書きました。
真摯に受け止めてくださる方ばかりで、私も記事を書いた甲斐がありました。

最期まで飼う覚悟もなく飼い始める飼い主
避妊去勢せずに産ませる飼い主
猫を外飼いをして事故にあわせる飼い主
脱走対策をせず放浪犬をつくってしまう飼い主
こんなにも処分される犬猫が溢れているのに、その子達に目も向けずペットショップで買う飼い主

そんな飼い主がいなくなれば、
殺処分という恐ろしい現実もなくなるのに・・。

どうやったらこの理不尽な社会を、人の意識を変える事ができるのか、
一緒に考えていきましょう。

私が所属しているチームですが、岡山市で活動している「わんぱーく」といいます。
検索していただければホームページが出てきますので、よろしければご覧下さいね(^^)
それで興味を持っていただけたら、ボランティアへのエントリーをしてみて下さい。
わんぱーくは保護施設を持っていますので、犬猫のお世話ボランティアさんをたくさん必要としています。
犬の散歩だけでも結構です。
どうかお力をお貸しください。

Re: 幸せな動物たちが増えていくのを願います^_^

引取り数は、法改正の影響がばっちり出ていて、
岡山では劇的に減っている感があります。
とはいえ、捨てる人はまだまだ無数にいる中で、行政の収容数(生かしておける数)が限られている以上、処分がゼロになることはありません。
ボランティアの数も全く足りていません。
各家庭で1匹ずつ預かってくれれば、処分はなくせるのに・・・とも思います。

ペットの直売所・・・恐ろしい響きですね(>_<)
どんどん産ませて、たたき売りして、
そうやって簡単に手に入れられた犬は、また簡単に捨てられるんでしょうか。

たとえば、
飽きても汚れても一生絶対に捨てられない、という服を売っていたら、
安易に買うでしょうか?

洋服なら、飽きたら売ればいいし破れたら捨てられるので毎月何着も買えばいいですが、
そんな、私達が洋服を買う感覚で犬を買っている人が存在するのが現実です。
命あるものを、簡単に考えすぎなのですが、ピントが合っていない人は
ずっと気づかないままなんですよね。

こんな現実を受けて、そうですね、私達はできることから努力し続けるしかないです。
がんばりましょう。



非公開コメント

-->
最新記事

全ての記事を表示する

はいけい、にんげんの皆さま。

カテゴリ

プロフィール

にゃんとら

Author:にゃんとら
岡山の猫好き。
犬猫を愛護センターや保健所からレスキューするNPO法人の動物愛護ボランティアに参加。シェルターに犬猫のお世話に行きながら、個人ボランティアとしても情報発信しています。
本職はグラフィックデザイナ~。

ほかにも見てほしいサイト

Twitter

リンク

このサイト内を検索する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

画像や記事の取り扱いについて

・写真/画像の無断使用はご遠慮ください。里親さん探し・動物愛護広報のための使用に際しては、ご一報いただければОKです。

・記事を転載する時はリンクも貼っていただき、記事元の紹介をお願いします。

・リンクはフリーですので、どんどんリンクをお願いします!

重要

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。