スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名も知らぬ子へのレクイエム

2014.04.09 00:17|思うこと
今日、仕事の昼休みに、岡山済生会病院横の車道で、大きな黒猫長毛の遺体を発見しました。

轢かれたばかりらしく、まだ硬直せずに温もりもありましたが、
頭蓋骨と顔面が粉々ぐちゃぐちゃで、即死だったと思います。

顔面の骨が割れてバラバラになり、肉と骨が外れて、
白い筋肉と赤い血が細かく散り散りに乱れていました。


車はどんどん、よけながらも駆け抜けていくので、
それ以上散り散りにならないよう、歩道まで抱えて運んで、
保健所に電話すると、死体なら市役所に電話してと言われ、

市役所に電話すると、市内で死体や廃棄物なんかを回収するために
巡回している民間の委託業者がいるので、向かってもらいます、とのことで、場所を伝えました。

昼食に行く途中で会社の先輩をそばで待たせてたので、
手を合わせて、よくがんばったねと、
かろうじて破壊されず残った後頭部を撫でてあげて、その場を去りました。


帰りに通ったら、もういませんでした。


いつも思うんですが、こういう子は、ゴミとして回収されるしかないんでしょうか?

いつもは死後時間がたっている子を車の運転中に発見することが多いので、
割り切って電話してその場を去ってきましたが、

今回は、
素手で抱えたときに感じたぬくもりが、さっきまで確かに生きていた証で、

そういう子がゴミと一緒に回収車に放り込まれる姿を想像すると、いたたまれなくて、
何か他にできることはなかったんだろうかとモヤモヤしてしまいました。


ボランティア先輩に相談すると、今度からはお金がかかっても火葬してあげよう、
みんなでお金を出し合って送ってあげよう。
と言ってもらい、泣けてきました。


可哀想なことをした、せめて温もりがあるうちは回収を頼むべきではなかったと後悔して、
あのフサフサした黒い毛や、まだ死後硬直も始まっていない
柔らかい関節や肉球が思い出されて仕方ありません。


道路上の遺体を発見する時はいつも、時間に限りがある時ばかり。

どこに連絡すればいいの?と一般の方からもよく相談されます。


もしゴミとして回収される以外に、
たとえばペット葬儀業者が迎えにきてくれるなら、お金を払ってもいい。
さっきまで生きていた尊厳として、人間同様手厚く扱ってくれる光景を、
私も含め発見者は求めています。


きれいな長毛の子。もしかしたら、探している飼い主さんがいるかもしれない。

明日の昼休みに、事故現場付近のお宅に、心当たりがないか聞いてまわろうと思います。
私が飼い主だったら、どんな姿になっていても、結果を知りたいと思うから。

メインクーンmixか思われるような大きな体、黒い長毛の子です。

血の汚れなど気にせず性別を確認すればよかった。
不謹慎だと思わず写真を撮ればよかった。


色々思いが巡るけれど、今できることをやるしかない。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア

コメント:

初めまして

初めまして、動物実験廃止を求めるJAVAのHPを見たことをきっかけに、色々と調べているところ、こちらにたどり着きました。
まず読ませていただき、感動しました。名もないこのレクイエムを見て。
それから色々読ませていただき、感銘を受けました。
言葉に、文章にすることが難しいほど、色々感じました。
保護シェルター行ってみたいです。そして化粧品、生活用品、食べ物、今後は意識したいと思います。
私は弱いです。中学生の時に動物実験を知り、知ったことにより、あまりにも惨すぎる現実に、怒り、悲しみ、無力感、震えて涙が止まらないほどでした。
ただその時は、どうしたら良いか分からず、それ以上、辛すぎる現実を知ることを、目に入れることを、やめました。見ないようにしたのです。ただずっと覚えていました。
今は30才になり、子供も二人います。
あの時、目をそらしてしまった現実にこれからは目を向け、現実に行動にうつしていきたいと思います。
あなた様に会えて良かったです。
非公開コメント

-->
最新記事

全ての記事を表示する

はいけい、にんげんの皆さま。

カテゴリ

プロフィール

にゃんとら

Author:にゃんとら
岡山の猫好き。
犬猫を愛護センターや保健所からレスキューするNPO法人の動物愛護ボランティアに参加。シェルターに犬猫のお世話に行きながら、個人ボランティアとしても情報発信しています。
本職はグラフィックデザイナ~。

ほかにも見てほしいサイト

Twitter

リンク

このサイト内を検索する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

画像や記事の取り扱いについて

・写真/画像の無断使用はご遠慮ください。里親さん探し・動物愛護広報のための使用に際しては、ご一報いただければОKです。

・記事を転載する時はリンクも貼っていただき、記事元の紹介をお願いします。

・リンクはフリーですので、どんどんリンクをお願いします!

重要

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。